ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

巨匠による究極のマルクス入門にして初の本格的マルクス論、ついに登場。

単行本

ナゼマルクスハタダシカッタノカ

なぜマルクスは正しかったのか

テリー・イーグルトン

松本 潤一郎

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 248ページ
ISBN:978-4-309-24548-5 ● Cコード:0010
発売日:2011.05.25

定価2,592円(本体2,400円)

×品切・重版未定

  • 思想界の巨人・イーグルトンがあらゆるマルクスへの批判をうけとめながら、ユーモアをまじえてそれに反論するかたちで、マルクスの可能性と魅力を伝える究極にして最高のマルクス入門。

著者

テリー・イーグルトン (イーグルトン,テリー)

1943年生まれ イギリスの批評家・思想家 マルクス主義をベースに文学・政治を論じる。『文学とは何か』『イデオロギーとは何か』などその著作のほとんどが翻訳されている。

松本 潤一郎 (マツモト ジュンイチロウ)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳