ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

ネッキョウナキファシズム

熱狂なきファシズム

ニッポンの無関心を観察する

想田 和弘

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 296ページ
ISBN:978-4-309-24670-3 ● Cコード:0036
発売日:2014.08.25

定価1,836円(本体1,700円)

○在庫あり

  • 集団的自衛権、秘密保護法、原発再稼働……どこまでも暴走する政治権力に抗うための視点とは。「選挙」「精神」等の観察映画を手がける映画監督が見つめた、日本の危うい世相。初・評論集。

    『現代的なファシズムは、目に見えにくいし、実感しにくい。人々の無関心と「否認」の中、みんなに気づかれないうちに、低温火傷のごとくじわじわと静かに進行するものなのではないか。僕は「熱狂なきファシズム」という造語に、そのような認識とステイトメントを込めたのである——。』想田和弘

  • まえがきのような「熱狂なきファシズム論」
    第1章 ニッポンの根拠を疑う
    第2章 観察という手法
    第3章 権力と表現
    あとがきのような『永遠の0』論

著者

想田 和弘 (ソウダ カズヒロ)

1970年生、映画監督。東京大学文学部卒業後渡米、NYスクール・オブ・ビジュアルアーツ映画学科卒業。監督作品に『選挙』『精神』『Peace』等、著書に『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るか』等がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳