ジャンル: 
  1. 自然科学・医学 > 
  2. 自然科学

単行本

アクマノセイブツガク

悪魔の生物学

日米英・秘密生物兵器計画の真実

エド・レジス

柴田 京子

山内 一也 監修

受賞
日本図書館協会選定図書

単行本 46 ● 332ページ
ISBN:978-4-309-25141-7 ● Cコード:0043
発売日:2001.07.17

定価2,420円(本体2,200円)

×品切・重版未定

  • アメリカの情報公開開示法を通し生物兵器開発の実態を詳しく記した迫真のドキュメント。731部隊や炭素菌の問題に踏みこんだ、衝撃的な裏面誌。

著者

エド・レジス (レジス,エド)

アメリカのサイエンス・ライター。主著『アインシュタインの部屋』(工作舎)、『ウイルス・ハンター』(早川書房)

柴田 京子 (シバタ キョウコ)

山内 一也 (ヤマノウチ カズヤ)

1931年生。東大農業部卒。農学博士。北里研究所、国立予防衛生研究所などを経て、1979年より東大医科学研究所教授。現在東京大学名誉教授、日本生物科学研究所理事・主任研究員。1992年読売農学賞授賞。『エマージングウイルスの世紀』『プリオン病』『異種移植』『狂牛病・正しい知識』

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳