ジャンル: 
  1. 自然科学・医学 > 
  2. 自然科学

単行本

トリタチノキョウイテキナカンカクセカイ

鳥たちの驚異的な感覚世界

ティム・バークヘッド

沼尻 由起子

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 288ページ
ISBN:978-4-309-25278-0 ● Cコード:0045
発売日:2013.03.11

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

  • 鳥は世界をどう見て、何を感じ取っているのか? 食べ物を味わい、死を悲しむのか? 紫外線も見える眼や磁気感覚など、その驚嘆すべき感覚と秘められた感情生活を科学で読み解く!

    【編集担当のことば】

    進化が生んだ究極の機能美

     小鳥を飼い、バードウォッチングもたしなむ私が「これぞ!」と思って飛びついたのが、イギリスの鳥類学者・行動生態学者が著した本書です。
     身近な存在でありながら、鳥類が驚くべき能力を秘めていることはあまり知られていません。最近まで、鳥類には嗅覚、味覚、触覚はないとさえ思われていたくらいです。
     しかし、鳥たちは人間には見えない紫外線を見ることができるし、地球磁場を感じ取り、音の反響で物体の位置を知ることもできます。さらには季節に応じて脳の大きさを変えたり、半ば眠りながら空を飛んだり、信じられないくらいの離れ業をやってのけるのです。
     たとえば、カモは見かけに反して敏感な触覚器官であるくちばしを使って、泥から食べ物だけを選り分けます。それはちょうど、ボウルにシリアルと砂利、牛乳を入れたあと、スプーンを使わずにシリアルだけを飲み込むようなものだとか。
     このような、まさに驚異的な鳥たちの感覚世界を、科学者たちはどのようにして探ってきたのでしょうか? 歴史上の発見の物語や奇想天外な実験の数々からは、知られざる鳥類学の魅力的な世界が伺い知れます。
     所々に挿入された美しい鳥たちの線画を楽しみながら、鳥たちが世界をどのように見て、何を感じているのか、思いをめぐらしてみてはいかがでしょうか?

著者

ティム・バークヘッド (バークヘッド,ティム)

イギリスの鳥類学者・行動生態学者。シェフィールド大学動物学教授。王立協会特別会員。邦訳書に『乱交の生物学』と『赤いカナリアの探求』(いずれも新思索社)がある。

沼尻 由起子 (ヌマジリ ユキコ)

慶應義塾大学文学部哲学科卒業後、読売新聞ニューヨーク支店勤務。帰国後、大手出版社の編集者を経てフリーライターとして独立。訳書にウェイド『5万年前』、カーシェンバウム『なぜ人はキスをするのか?』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳