ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 社会

この国にとって五輪とはいったい何なのか?
戦後日本の呪縛を解く、オリンピック論の決定版!

単行本

ゴリントセンゴ

五輪と戦後

上演としての東京オリンピック

吉見 俊哉

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 368ページ
ISBN:978-4-309-25405-0 ● Cコード:0036
発売日:2020.04.27

定価2,860円(本体2,600円)

○在庫あり

  • ポスト戦争の時代、東京オリンピックの舞台はいかに整えられたのか。聖火リレーという演出、国民的英雄を生んだ競技という上演、そしてアジアでの再演……。五輪というドラマを活写する。

    この国にとって五輪とはいったい何なのか?
    戦後日本の呪縛を解く、オリンピック論の決定版!


    帝国の軍都からオリンピックシティへ……
    いかに舞台は整えられ、
    復興、万博、聖火リレー、神宮外苑、沖縄……
    いかに演出、上演され、
    マラソンランナーの悲劇、「東洋の魔女」、映画『東京オリンピック』……
    いかに再演されてきたか―――!?
    ソウル、北京、札幌、長野、そして再びの東京……

  • 【目次】
    序 章 東京五輪という呪縛――シナリオが綻びるとき
    第Ⅰ章 ポスト戦争としてのオリンピック――舞台
    1 軍都からオリンピックシティへ
    2 五輪開催と軍用地返還――もう一つの日米交渉
    3 東京復興としての万博・オリンピック
    第Ⅱ章 聖火リレーと祭典の舞台――演出
    1 聖火、沖縄を走る――「祖国復帰」への象徴演技
    2 神宮外苑にいたる道程――聖火リレーというもう一つの巡幸
    3 三つの舞台――神宮外苑・代々木・駒沢
    第Ⅲ章 メダリストたちの日本近代――演技
    1 マラソンランナーの悲劇――兵士から国民的英雄へ
    2 「東洋の魔女」の伝説――殖産興業の末裔たち
    3 もう一つの感動――映画のなかの東京オリンピック
    第Ⅳ章 増殖する東京モデル――再演
    1 ソウル1988――成長するアジアのドラマ
    2 北京2008――繰り返される成長のドラマ
    3 ドラマにおける反復と転換――札幌と長野
    終 章 ドラマトゥルギーの転位――「速く、高く、強く」からの脱却を

著者

吉見 俊哉 (ヨシミ シュンヤ)

1957年、東京都生まれ。東京大学大学院情報学環教授。専攻は社会学・文化研究。著書に『都市のドラマトゥルギー』『博覧会の政治学』『万博と戦後日本』『親米と反米』『大学とは何か』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳