ジャンル: 
  1. 芸術・芸能 > 
  2. 映画・舞台

単行本

キョウフノサホウ

恐怖の作法

ホラー映画の技術

小中 千昭

受賞
朝日

単行本 46変形 ● 360ページ
ISBN:978-4-309-27489-8 ● Cコード:0074
発売日:2014.05.15

定価3,024円(本体2,800円)

×品切

  • ホラー映画やアニメの第一線で活躍してきた著者が、小説や映像など様々な形で人を惹きつけ続ける「ホラー」つまり「怖い物語」がどのように作られるかを論じ、技術を伝授する実践的な一冊。

    人はなぜ、ホラー映画で怖がろうとするのか。
    ホラー映画を数多く執筆した脚本家によって書かれた、恐怖の探求。
    ホラー映画を作りたい人、より怖いホラー映画を見たい人に送る本。
    Jホラーのイディオロギーとなった「小中理論」を再度論じ、新たに「小中理論2.0」も書き下ろされている。

    ホラー映画に留まらず、恐怖について様々なアスペクトから解析を試み、そこにあるシステムを詳らかにしようとする「恐怖のテキスト」。

    金子國義画伯の装画を得て、ついに刊行。

  • 第一部「ホラー映画の魅力 ファンダメンタルホラー宣言2003」
     ——2003年刊行の『ホラー映画の魅力』の大幅改訂版

    第二部「祟咒考 Sui-Ju-Kou ~Modern Curses ー現代流行怪談をめぐって 2004〜2009」
     ——ネット流通怪談と、著者がホラーの実作の中で「真なる恐怖」を追い求めるクロニクル(未発表)

    第三部「アリスの穴の中より2008〜2014」
     ——書き下ろし

著者

小中 千昭 (コナカ チアキ)

1961年生。成城大学卒。映像ディレクターを経て、ビデオシネマ『邪願霊』で脚本家デビュー。数多くホラー作品を手がけ「Jホラー」作品群のイディオローグ的な存在に。アニメ、映画、テレビドラマ等、脚本多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳