アチャラカ芸人、食べる、食べる。
豪華フルコースから、ハイカラ洋食、丼、うどん…ゲスな味まで。
戦後の街をさっそうと食べ歩く、シャレた食談45篇

河出文庫 ふ9-1

ロッパショクダンカンゼンバン

ロッパ食談 完全版

古川 緑波

河出文庫 文庫 ● 280ページ
ISBN:978-4-309-41315-0 ● Cコード:0195
発売日:2014.09.08

定価799円(本体740円)

○在庫あり

  • 一九五一年創刊の伝説の食べもの冊子「あまカラ」に連載された「ロッパ食談」をはじめて完全収録。ただおもしろいだけじゃない、「うまいもの」「食べること」への執念を感じさせるロッパエッセイの真髄。

著者

古川 緑波 (フルカワ ロッパ)

1903年東京生まれ。喜劇役者、エッセイスト。男爵家の六男に生まれ、編集者から喜劇役者に転身、「エノケン・ロッパ」の一時代を築いた。著書に『ロッパの悲食記』『古川ロッパ昭和日記』ほか。1961年逝去。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳