検索結果

1518件中 120件を表示 | 表示件数   件

うつくしい列島

文庫・新書

うつくしい列島

池澤 夏樹

富士、三陸海岸、琵琶湖、瀬戸内海、小笠原、水俣、屋久島、南鳥島……北から南まで、池澤夏樹が風光明媚な列島の名所を歩きながら思索した「日本」のかたちとは。名科学エッセイ36篇を収録。

  • 河出文庫 / 344頁
  • 2018.11.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41644-1

予価994円(本体920円)

※未刊

詳細を見る
絶望読書

文庫・新書

絶望読書

頭木 弘樹

まだ立ち直れそうにない絶望の期間を、どうやって過ごせばいいのか? いま悲しみの最中にいる人に、いつかの非常時へ備える人に、知っていてほしい絶望に寄り添う物語の効用と、命綱としての読書案内。

  • 河出文庫 / 272頁
  • 2018.11.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41647-2

予価950円(本体880円)

※未刊

詳細を見る
ボクたちのBL論

文庫・新書

ボクたちのBL論

サンキュータツオ春日 太一

BL愛好家サンキュータツオがBLと縁遠い男春日太一にBLの魅力を徹底講義! 『俺たちのBL論』を改題し、『ゴッドファーザー』から『おっさんずラブ』、百合まで論じる特別編を加えた決定版!

  • 河出文庫 / 376頁
  • 2018.11.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41648-9

予価972円(本体900円)

※未刊

詳細を見る
先生と僕 夏目漱石を囲む人々 青春篇

文庫・新書

先生と僕 夏目漱石を囲む人々 青春篇

香日 ゆら

夏目漱石の生涯と、正岡子規・中村是公・高浜虚子・寺田寅彦ら友人・門下・家族との交流を描く傑作四コママンガ! 「青春篇」には漱石の学生時代から教師時代、ロンドン留学、作家デビューまでを収録。

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2018.11.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41649-6

予価896円(本体830円)

※未刊

詳細を見る
今日もあの子が机にいない

文庫・新書

今日もあの子が机にいない
同和教育と解放教育

上原 善広

1970ー80年代、学校教育の現場で部落差別問題に対処する、同和教育と解放教育という二つの取り組みが行われた。そこで「救われた」著者が、それらを回顧しまた総括する。

  • 河出文庫 / 272頁
  • 2018.11.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41650-2

予価950円(本体880円)

※未刊

詳細を見る
焦心日記

文庫・新書

焦心日記

少年アヤ

〈おかま〉として生きてきた少年アヤが、可愛いモノや男性アイドルに夢中になりながら、自分を見つめ、やがて内なる〈王子様を〉解放するまでの365日。熱狂的人気を得たウェブ日記連載を完全収録。解説

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2018.10.09発売
  • ISBN 978-4-309-41637-3

定価799円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
アカガミ

文庫・新書

アカガミ

窪 美澄

2030年、若者は恋愛も結婚もせず、ひとりで生きていくことを望んだ――国が立ち上げた結婚・出産支援制度「アカガミ」に志願したミツキは、そこで恋愛や性の歓びを知り、新しい家族を得たのだが……。

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2018.10.09発売
  • ISBN 978-4-309-41638-0

定価626円(本体580円)

○在庫あり

詳細を見る
ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉

文庫・新書

ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉

ヨグマタ 相川圭子

世界でたった2人のシッダーマスターが伝える5000年の時空を超えたヒマラヤ秘教の叡智。心が軽く、自由に、幸福になる。あなたを最高に幸せにする本!

  • 河出文庫 / 200頁
  • 2018.10.09発売
  • ISBN 978-4-309-41639-7

定価540円(本体500円)

○在庫あり

詳細を見る
栗山魂

文庫・新書

栗山魂
夢を正夢に

栗山 英樹

一度たりともあきらめなかった。夢はかなえるためにある。野球選手になどなれるはずのなかった少年がプロ入りし日本一の監督になるまで。涙なくしては読めない、泥だらけの自叙伝。

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2018.10.09発売
  • ISBN 978-4-309-41640-3

定価713円(本体660円)

○在庫あり

詳細を見る
盲獣・陰獣

文庫・新書

盲獣・陰獣

江戸川 乱歩

乱歩の変態度がもっとも炸裂する貴重作「盲獣」、耽美にして本格推理長篇、代表作とも言える「陰獣」。一冊で大乱歩の究極の世界に耽溺。

  • 河出文庫 / 312頁
  • 2018.10.09発売
  • ISBN 978-4-309-41642-7

定価842円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
安政三天狗

文庫・新書

安政三天狗

山本 周五郎

時は幕末。ある長州藩士は師・吉田松陰の密命を帯びて陸奥に旅発った。当地での尊皇攘夷運動を組織する中で、また別の重要な目的が! 時代伝奇長篇、初の文庫化。

  • 河出文庫 / 248頁
  • 2018.10.09発売
  • ISBN 978-4-309-41643-4

定価713円(本体660円)

○在庫あり

詳細を見る
マイ・フーリッシュ・ハート

文庫・新書

マイ・フーリッシュ・ハート

秦 建日子

パワハラと激務で倒れた優子。変り者の医者のせいでひとり野球場を訪ね、そこで日本人初のメジャー・リーガー、マッシー村上を巡る摩訶不思議な物語と出会った優子は……爽快な感動作! 解説=村上雅則

  • 河出文庫 / 216頁
  • 2018.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41630-4

定価734円(本体680円)

○在庫あり

詳細を見る
呪文

文庫・新書

呪文

星野 智幸

寂れゆく商店街に現れた若きリーダー図領は旧態依然とした商店街の改革に着手した。実行力のある彼の言葉に人々は熱狂し、街は活気を帯びる。希望に溢れた未来に誰もが喜ばすにはいられなかったのだが…。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2018.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41632-8

定価691円(本体640円)

○在庫あり

詳細を見る
志ん生一家、おしまいの噺

文庫・新書

志ん生一家、おしまいの噺

美濃部 美津子

昭和の名人・古今亭志ん生の長女が、志ん生を中心に、母、妹、弟(馬生、志ん朝)との、貧乏だが愉しく豊かな昭和の暮らしをふり返る。肉親にしか書けない名人たちの舞台裏。

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2018.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41633-5

定価734円(本体680円)

○在庫あり

詳細を見る
紅殻駱駝の秘密

文庫・新書

紅殻駱駝の秘密

小栗 虫太郎

著者の記念すべき第一長篇ミステリ。首都圏を舞台に事件は展開する。紅駱駝氏とは一体何者なのか。あの傑作『黒死館殺人事件』の原型とも言える秀作の初文庫化、驚愕のラスト!

  • 河出文庫 / 344頁
  • 2018.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41634-2

定価864円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
シャッフル航法

文庫・新書

シャッフル航法

円城 塔

ハートの国で、わたしとあなたが、ボコボコガンガン、支離滅裂に。世界の果ての青春、宇宙一の料理に秘められた過去、主人公連続殺人事件……甘美で繊細、壮大でボンクラ、極上の作品集。

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2018.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41635-9

定価842円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
秘文鞍馬経

文庫・新書

秘文鞍馬経

山本 周五郎

信玄の秘宝を求めて、武田の遺臣、家康配下、さらにもう一組が三つ巴の抗争を展開する道中物長篇。作者の出身地・甲州物の傑作でも。作者の理想像が活躍する初文庫化。

  • 河出文庫 / 184頁
  • 2018.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41636-6

定価713円(本体660円)

○在庫あり

詳細を見る
須賀敦子全集別巻 [対談・鼎談篇]

文庫・新書

須賀敦子全集別巻 [対談・鼎談篇]

須賀 敦子

没後20年を機に須賀敦子全集別巻を待望の文庫化。辻邦生、向井敏、陣内秀信、森まゆみ、池澤夏樹、菅野昭正、三浦雅士、川本三郎、丸谷才一などとの会話から須賀敦子の肉声が響く。

  • 河出文庫 / 496頁
  • 2018.08.16発売
  • ISBN 978-4-309-41625-0

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
奇跡の六番勝負

文庫・新書

奇跡の六番勝負
サラリーマンがプロ棋士になった日

古田 靖

26歳でプロ棋士への道を絶たれた瀬川晶司。だがサラリーマンになった彼は、周囲に後押しされ、35歳でプロ編入試験の六番勝負に挑む。映画「泣き虫しょったんの奇跡」脚本協力! 感動ノンフィクション

  • 河出文庫 / 264頁
  • 2018.08.07発売
  • ISBN 978-4-309-41626-7

定価842円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
罪深き緑の夏

文庫・新書

罪深き緑の夏

服部 まゆみ

“蔦屋敷”に住む兄妹には、誰も知らない秘密がある――12年前に出会った忘れえぬ少女との再会は、美しい悪夢の始まりだった。夏の鮮烈な日差しのもと巻き起こる惨劇を描く、ゴシックミステリーの絶品。

  • 河出文庫 / 272頁
  • 2018.08.07発売
  • ISBN 978-4-309-41627-4

定価950円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る