検索結果

1481件中 120件を表示 | 表示件数   件

夏目漱石、読んじゃえば?

文庫・新書

夏目漱石、読んじゃえば?

奥泉 光

『吾輩は猫である』は全部読まなくていい! 『坊っちゃん』はコミュ障主人公!?  『それから』に仕掛けられた謎を解こう! 漱石を愛してやまない作家・奥泉光が、名作を面白く読む方法、伝授します。

  • 河出文庫 / 192頁
  • 2018.05.08発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41606-9

予価734円(本体680円)

※未刊

詳細を見る
現古辞典

文庫・新書

現古辞典
いまのことばから古語を知る

古橋 信孝鈴木 泰石井 久雄

あの言葉を古語で言ったらどうなるか? 現代語と古語のつながりを知るための「読む辞典」。日常のことばに、古語を取り入れれば、新たな表現が手に入る。もっと豊かな日本語の世界へ。

  • 河出文庫 / 440頁
  • 2018.05.08発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41607-6

予価1,512円(本体1,400円)

※未刊

詳細を見る
小林カツ代のきょうも食べたいおかず

文庫・新書

小林カツ代のきょうも食べたいおかず

小林 カツ代

塩をパラパラッとして日本酒をチャラチャラッとかけて、フフフフフッて5回くらいニコニコして……秘伝のカツ代流レシピとコツが満載! 読むだけで美味しい、料理の実況中継。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2018.05.08発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41608-3

予価691円(本体640円)

※未刊

詳細を見る
山手線をゆく、大人の町歩き

文庫・新書

山手線をゆく、大人の町歩き

鈴木 伸子

東京の中心部をぐるぐるまわる山手線を各駅停車の町歩きで全駅制覇。今も残る昭和の香り、そして最新の再開発まで、意外な魅力に気づき、町歩きの楽しさを再発見する一冊。各駅ごとに鉄道コラム掲載。

  • 河出文庫 / 208頁
  • 2018.05.08発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41609-0

予価734円(本体680円)

※未刊

詳細を見る
児次郎吹雪・おたふく物語

文庫・新書

児次郎吹雪・おたふく物語

山本 周五郎

下町の姉妹を描いた時代小説〈おたふく〉三部作を完全収録。他に、文庫初収録の婦道小説の初期傑作「児次郎吹雪」などを収録する傑作短篇集。

  • 河出文庫 / 272頁
  • 2018.05.08発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41610-6

予価713円(本体660円)

※未刊

詳細を見る
新しいおとな

文庫・新書

新しいおとな

石井 桃子

よい本を、もっとたくさん。幼い日のゆたかな読書体験と「かつら文庫」の実践から生まれた、子ども、読書、絵本、本づくりをめぐる随筆集。文庫化にあたり再編集し、写真、新規原稿を3篇収録。

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2018.05.08発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41611-3

予価799円(本体740円)

※未刊

詳細を見る
伝説の編集者 坂本一亀とその時代

文庫・新書

伝説の編集者 坂本一亀とその時代

田邊 園子

戦後の新たな才能を次々と世に送り出した編集者・坂本一亀は戦後日本に何を問うたのか? 妥協なき精神で作家と文学に対峙し、〈戦後〉という時代を作った編集者の軌跡に迫る評伝の決定版。

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2018.04.17発売
  • ISBN 978-4-309-41600-7

定価896円(本体830円)

○在庫あり

詳細を見る
ほんとのこと言えば?

文庫・新書

ほんとのこと言えば?
佐野洋子対談集

佐野 洋子

絵本作家・エッセイストの佐野洋子を前にすると、誰もが丸裸にされてしまう。小沢昭一、河合隼雄、明石家さんま、谷川俊太郎、大竹しのぶ、岸田今日子、おすぎ、山田詠美、阿川佐和子との傑作対談集。

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2018.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41601-4

定価713円(本体660円)

○在庫あり

詳細を見る
葬偽屋は弔わない

文庫・新書

葬偽屋は弔わない
殺生歩武と5つのヴァニタス

森 晶麿

自分が死んだら周りの人たちはどんな反応をするんだろう。その願い<葬偽屋>が叶えます。アガサ・クリスティー賞作家が描く意外なアウトロー稼業。人の本音に迫る痛快人情ミステリー!

  • 河出文庫 / 336頁
  • 2018.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41602-1

定価853円(本体790円)

○在庫あり

詳細を見る
プーと私

文庫・新書

プーと私

石井 桃子

プーさん、ピーター・ラビット、ドリトル先生……子どもの心を豊かにする多くの本を世に出した著者が、その歩みを綴った随筆集。著者を訪ねる旅、海外の児童図書館見聞記も。単行本を再編集、新規二篇収録

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2018.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41603-8

定価799円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
無言館 戦没画学生たちの青春

文庫・新書

無言館 戦没画学生たちの青春

窪島 誠一郎

戦時中に出征し戦死した画学生たちの作品を収集展示する美術館──「無言館」。設立のきっかけや日本中の遺族を訪ね歩き、思い出話を聞きながら遺作を預かる巡礼の旅を描く。解説=池上彰。

  • 河出文庫 / 288頁
  • 2018.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41604-5

定価950円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
夕暮れの時間に

文庫・新書

夕暮れの時間に

山田 太一

十一歳で敗戦をむかえ、名作ドラマの数々を世に届けた脚本家は現在の日本で何を見、何を思っているのか。エッセイの名手でもある山田太一がおくる、心に沁みる最新エッセイ集。語り下ろしインタビュー付。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 2018.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41605-2

定価842円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る
夫婦という病

文庫・新書

夫婦という病

岡田 尊司

長年「家族」を見つめてきた精神科医が最前線の治療現場から贈る、結婚を人生の墓場にしないための傷んだ愛の処方箋。衝撃のベストセラー『母という病』著者渾身の書き下ろし話題作をついに文庫化。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2018.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-41594-9

定価756円(本体700円)

○在庫あり

詳細を見る
みがけば光る

文庫・新書

みがけば光る

石井 桃子

変わりゆく日本のこと、言葉、友だち、恋愛観、暮らしのあれこれ……子どもの本の世界に生きた著者が、ひとりの生活者として、本当に豊かな生活とは何かを問いかけてくる。単行本を再編集、新規五篇収録。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2018.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-41595-6

定価799円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
迷蝶の島

文庫・新書

迷蝶の島

泡坂 妻夫

太平洋に漂うヨットの上から落とされた女、絶海の孤島に吊るされた男。一体、誰が誰を殺したのか……そもそもこれは夢か、現実か? 手記、関係者などの証言によって千変万化する事件の驚くべき真相とは?

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2018.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-41596-3

定価778円(本体720円)

○在庫あり

詳細を見る
理解という名の愛がほしい。

文庫・新書

理解という名の愛がほしい。

山田 ズーニー

孤独の哀しみをのりこえ、ひらき、出逢い、心で通じ合う人とつながるレッスン。「ほぼ日」連載「おとなの小論文教室。」からのベストコラム集。居場所がなくてもだいじょうぶ! あなたには表現力がある。

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2018.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-41597-0

定価691円(本体640円)

○在庫あり

詳細を見る
三面鏡の恐怖

文庫・新書

KAWADEノスタルジック 探偵・怪奇・幻想シリーズ

三面鏡の恐怖

木々 高太郎

別れた恋人にそっくりな妹が現れた。彼女の目的は何か。戦後直後の時代背景に展開する殺人事件。木々高太郎の隠れた代表的推理長篇、初の文庫化。

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2018.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-41598-7

定価799円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
広辞苑先生、語源をさぐる

文庫・新書

広辞苑先生、語源をさぐる

新村 出

あの『広辞苑』を編纂者で、日本の言語学の確立に大きく貢献した著者が、身近な事象の語源を尋ね、平たくのんびり語った愉しい語源談義。語源読み物の決定版です。

  • 河出文庫 / 208頁
  • 2018.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-41599-4

定価778円(本体720円)

○在庫あり

詳細を見る
学校の青空

文庫・新書

学校の青空

角田 光代

いじめ、うわさ、夏休みのお泊まり旅行……お決まりの日常から逃れるためにそれぞれの少女たちが試みたささやかな反乱。生きることになれていない不器用なまでの切実さを直木賞作家が描く傑作青春小説集。

  • 河出文庫 / 200頁
  • 2018.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-41590-1

定価616円(本体570円)

○在庫あり

詳細を見る
家と庭と犬とねこ

文庫・新書

家と庭と犬とねこ

石井 桃子

子ども時代、東北での農場暮らし、犬や猫や食べもののこと……日本の児童文学に大きな実りをもたらした著者が、ささやかな日常の出来事をのびやかに綴った生活随筆集。単行本を再編集、新規三篇収録。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2018.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-41591-8

定価734円(本体680円)

○在庫あり

詳細を見る