河出文庫 ふ15-1

ハンジジョデン

半自叙伝

古井 由吉

受賞
朝日

河出文庫 文庫 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-41513-0 ● Cコード:0195
発売日:2017.02.07

定価896円(本体830円)

○在庫あり

  • 現代日本文学最高峰の作家は、時代に何を感じ、人の顔に何を読み、そして自身の創作をどう深めてきたのか――。老年と幼年、魂の往復から滲む深遠なる思索。

    現代日本文学最高峰の作家は、時代に何を感じ、人の顔に何を読み、そして自身の創作をどう深めてきたのか。老年と幼年、魂の往復から滲む深遠なる思索。至高の文学。


    【内容紹介】
    見た事と見なかったはずの事との境が私にあってはとかく揺らぐ。あるいは、その境が揺らぐ時、何かを思い出しかけているような気分になる――空襲に怯え、敗戦の焼跡を走りまわった幼年期、文学との出会いと高度経済成長の時代、そして現在まで。
    老年と幼年、重なりゆく記憶の中に、作家は何を読み、自身の創作をどう生きてきたのか。魂の往還から滲む深遠なる思考。
    ◎解説=佐々木中

著者

古井 由吉 (フルイ ヨシキチ)

1937年東京生まれ。東京大学独文科修士課程修了。71年「杳子」で芥川賞受賞。83年「槿」で谷崎潤一郎賞を、87年「中山坂」で川端康成文学賞を、90年「仮往生伝試文」で読売文学賞を受賞。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳