ナボコフ、ドストエフスキーに怒る。
近代文学史上もっとも過激な伝説の講義がよみがえる——!

河出文庫 ナ2-3

ナボコフノロシアブンガクコウギ01

ナボコフのロシア文学講義 上

ウラジーミル・ナボコフ

小笠原 豊樹

河出文庫 文庫 ● 320ページ
ISBN:978-4-309-46387-2 ● Cコード:0198
発売日:2013.07.08

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

  • 世界文学を代表する巨匠にして、小説読みの達人ナボコフによるロシア文学講義録。上巻は、ドストエフスキー「罪と罰」ほか、ゴーゴリ、ツルゲーネフ作品を取り上げる。

著者

ウラジーミル・ナボコフ (ナボコフ,V)

1899年ペテルブルク生まれ。ロシア革命によりベルリンに亡命、ロシア語で執筆を開始。1940年には米国に移住、大学で教えながら英語で執筆する。代表作に『賜物』『ロリータ』『アーダ』など。1977年没。

小笠原 豊樹 (オガサワラ トヨキ)

1932年生まれ。翻訳家。訳書に『マヤコフスキー詩集』『火星年代記』『ナボコフのロシア文学講義』ほか多数。岩田宏の名で詩集『いやな唄』『頭脳の戦争』ほか多数の著書がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳