検索結果

425件中 120件を表示 | 表示件数   件

アフリカの日々

文庫・新書

アフリカの日々

イサク・ディネセン 著 横山 貞子

すみれ色の青空と澄みきった大気、遠くに揺らぐ花のようなキリンたち、鉄のごときバッファロー。北欧の高貴な魂によって綴られる、大地と動物と男と女の豊かな交歓。20世紀エッセイ=文学の金字塔。

  • 河出文庫 / 528頁
  • 2018.08.07発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-46477-0

予価1,512円(本体1,400円)

※未刊

詳細を見る
バビロンの大金持ち

文庫・新書

バビロンの大金持ち

ジョージ・S・クレイソン 著 楡井 浩一

世界中で読み継がれてきた物語仕立ての成功哲学書の原点、待望の文庫化!読む度に新たな気づきがある。お金を「貯める」「増やす」「守る」ための、基本的な方法を知りたい人へ。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2018.08.07発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-46478-7

予価842円(本体780円)

※未刊

詳細を見る
人みな眠りて

文庫・新書

人みな眠りて

カート・ヴォネガット 著 大森 望

ヴォネガット、最後の短編集! 冷蔵庫型の彼女と旅する天才科学者、殺人犯からメッセージを受けた女性事務員、消えた聖人像事件に遭遇した新聞記者……没後に初公開された珠玉の短編16篇。

  • 河出文庫 / 384頁
  • 2018.08.07発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-46479-4

予価994円(本体920円)

※未刊

詳細を見る
シモーヌ・ヴェイユ アンソロジー

文庫・新書

シモーヌ・ヴェイユ アンソロジー

シモーヌ・ヴェイユ 著 今村 純子 編訳

最重要テクストを精選、鏤骨の新訳。その核心と全貌を凝縮した究極のアンソロジー。善と美、力、労働、神、不幸、非人格的なものをめぐる極限的にして苛烈な問いが生み出す美しくきびしい生と思考の結晶。

  • 河出文庫 / 480頁
  • 2018.07.06発売
  • ISBN 978-4-309-46474-9

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
死者と踊るリプリー

文庫・新書

死者と踊るリプリー

パトリシア・ハイスミス 著 佐宗 鈴夫

天才的犯罪者トム・リプリーが若き日に殺した男ディッキーの名を名乗る者から電話が来た。これはあの妙なアメリカ人夫妻の仕業か? いま過去が暴かれようとしていた……リプリーの物語、最終編。

  • 河出文庫 / 472頁
  • 2018.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-46473-2

定価1,058円(本体980円)

○在庫あり

詳細を見る
お前らの墓につばを吐いてやる

文庫・新書

お前らの墓につばを吐いてやる

ボリス・ヴィアン 著 鈴木 創士

伝説の作家がアメリカ人を偽装して執筆して戦後間もないフランスで大ベストセラーとなったハードボイルド小説にして代表作。人種差別への怒りにかりたてられる青年の明日なき暴走をクールに描く暗黒小説。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 2018.05.08発売
  • ISBN 978-4-309-46471-8

定価994円(本体920円)

○在庫あり

詳細を見る
はい、チーズ

文庫・新書

はい、チーズ

カート・ヴォネガット 著 大森 望

「さよならなんて、ぜったい言えないよ」バーで出会った殺人アドバイザー、夫の新発明を試した妻、見る影もない上司と新人女性社員……やさしくも皮肉で、おかしくも深い、ヴォネガットから14の贈り物。

  • 河出文庫 / 384頁
  • 2018.05.08発売
  • ISBN 978-4-309-46472-5

定価994円(本体920円)

○在庫あり

詳細を見る
オックスフォード&ケンブリッジ大学 さらに世界一「考えさせられる」入試問題

文庫・新書

オックスフォード&ケンブリッジ大学 さらに世界一「考えさせられる」入試問題
「まだ、あなたは自分が利口だと思いますか?」

ジョン・ファーンドン 著 小田島 恒志小田島 則子

英国エリートたちの思考力を磨いてきた「さらに考えさせられる入試問題」。ビジネスにも役立つ、どこから読んでも面白い難問奇問、まだまだあります!

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2018.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-46468-8

定価886円(本体820円)

○在庫あり

詳細を見る
ボルヘス怪奇譚集

文庫・新書

ボルヘス怪奇譚集

ホルヘ・ルイス・ボルヘス 著 柳瀬 尚紀 訳 アドルフォ・ビオイ=カサーレス

「物語の精髄は本書の小品のうちにある」(ボルヘス)。古代ローマ、インド、中国の故事、千夜一夜物語、カフカ、ポオなど古今東西の書物から選びぬかれた九十二の短くて途方もない話。

  • 河出文庫 / 188頁
  • 2018.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-46469-5

定価896円(本体830円)

○在庫あり

詳細を見る
私はガス室の「特殊任務」をしていた

文庫・新書

私はガス室の「特殊任務」をしていた
知られざるアウシュヴィッツの悪夢

シュロモ・ヴェネツィア 著 鳥取 絹子

アウシュヴィッツ収容所で殺されたユダヤ人同胞たちをガス室から搬出し、焼却棟でその遺体を焼く仕事を強制された特殊任務部隊があった。生き残った著者がその惨劇を克明に語る衝撃の書。

  • 河出文庫 / 296頁
  • 2018.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-46470-1

定価950円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
長く暗い魂のティータイム

文庫・新書

ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所
長く暗い魂のティータイム

ダグラス・アダムス 著 安原 和見

奇想ミステリー「ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所」シリーズ第二弾! 今回、史上もっともうさんくさい私立探偵ダーク・ジェントリーが謎解きを挑むのは……なんと「神」です。

  • 河出文庫 / 368頁
  • 2018.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-46466-4

定価994円(本体920円)

○在庫あり

詳細を見る
島とクジラと女をめぐる断片

文庫・新書

島とクジラと女をめぐる断片

アントニオ・タブッキ 著 須賀 敦子

居酒屋の歌い手がある美しい女性の記憶を語る「ピム港の女」のほか、クジラと捕鯨手の関係や歴史的考察、ユーモラスなスケッチなど、夢とうつつの間を漂う<島々>の物語。

  • 河出文庫 / 168頁
  • 2018.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-46467-1

定価799円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
闘争領域の拡大

文庫・新書

闘争領域の拡大

ミシェル・ウエルベック 著 中村 佳子

自由の名の下に、人々が闘争を繰り広げていく現代社会。愛を得られぬ若者二人が出口のない欲望の迷路に陥っていく。現実と欲望の間で引き裂かれる人間の矛盾を真正面から描く著者の小説第一作。

  • 河出文庫 / 216頁
  • 2018.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-46462-6

定価950円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
戦場から生きのびて

文庫・新書

戦場から生きのびて
ぼくは少年兵士だった

イシメール・ベア 著 忠平 美幸

ほくの現実はいつも「殺すか殺されるかだった」。十二歳から十五歳までシエラレオネの激しい内戦を戦った少年兵士が、ついに立ち直るまでの衝撃的な体験を世界で初めて書いた感動の物語。

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2018.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-46463-3

定価1,058円(本体980円)

○在庫あり

詳細を見る
海を渡った人類の遥かな歴史

文庫・新書

海を渡った人類の遥かな歴史
古代海洋民の航海

ブライアン・フェイガン 著 東郷 えりか

かつて誰も書いたことのない画期的な野心作! 世界中の名もなき古代の海洋民たちは、いかに航海したのか? 祖先たちはなぜ舟をつくり、なぜ海に乗りだしたのかを解き明かす人類の物語。

  • 河出文庫 / 496頁
  • 2018.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-46464-0

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
孤独の科学

文庫・新書

孤独の科学
人はなぜ寂しくなるのか

ジョン・T・カシオポウィリアム・パトリック 著 柴田 裕之

その孤独感には理由がある! 脳と心のしくみ、遺伝と環境、進化のプロセス、病との関係、社会・経済的背景……「つながり」を求める動物としての人間――第一人者が様々な角度からその本性に迫る。

  • 河出文庫 / 456頁
  • 2018.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-46465-7

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢

文庫・新書

とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢

ジョイス・キャロル・オーツ 著 栩木 玲子

金髪女子中学生の誘拐、双子の兄弟の葛藤、猫の魔力、美容整形の闇など、不穏な現実をスリリングに描く著者自選のホラー・ミステリ短篇集。世界幻想文学大賞、ブラム・ストーカー賞受賞。

  • 河出文庫 / 448頁
  • 2018.01.10発売
  • ISBN 978-4-309-46459-6

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
偉人たちのあんまりな死に方

文庫・新書

偉人たちのあんまりな死に方
ツタンカーメンからアインシュタインまで

ジョージア・ブラッグ 著 梶山 あゆみ

あまりにも悲惨、あまりにもみじめ……。医学が未発達な時代に、あの世界の偉人たちはどんな最期を遂げたのか? 思わず同情したくなる、知られざる事実や驚きいっぱいの異色偉人伝!

  • 河出文庫 / 224頁
  • 2018.01.10発売
  • ISBN 978-4-309-46460-2

定価734円(本体680円)

○在庫あり

詳細を見る
ザッヘル=マゾッホ紹介

文庫・新書

ザッヘル=マゾッホ紹介
冷淡なものと残酷なもの

ジル・ドゥルーズ 著 堀 千晶

サドに隠れていたマゾッホを全く新たな視点で甦らせながら、マゾッホの現代性をあきらかにしつつ「死の本能」を核心とするドゥルーズ哲学の骨格をつたえる重要な著作。気鋭が四十五年目に新訳。

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2018.01.10発売
  • ISBN 978-4-309-46461-9

定価1,080円(本体1,000円)

○在庫あり

詳細を見る
ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所

文庫・新書

ダーク・ジェントリー全体論的探偵事務所

ダグラス・アダムス 著 安原 和見

お待たせしました! 伝説の英国コメディSF「銀河ヒッチハイク・ガイド」の故ダグラス・アダムスが遺した、もうひとつの傑作シリーズがついに邦訳。前代未聞の奇想ミステリー。

  • 河出文庫 / 416頁
  • 2017.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-46456-5

定価994円(本体920円)

○在庫あり

詳細を見る