ジャンル: 
  1. 自然科学・医学 > 
  2. 医学

シリーズ: 
  1. 14歳の世渡り術

一家に一冊、はじめての「使える精神医学」!

全集・シリーズ

セカイイチヤサシイセイシンカノホン

世界一やさしい精神科の本

斎藤 環

山登 敬之

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46/ソフトカバー ● 228ページ
ISBN:978-4-309-61666-7 ● Cコード:0311
発売日:2011.05.12

定価1,320円(本体1,200円)

×品切・重版未定

  • ひきこもり、発達障害、トラウマ、拒食症、うつ……心のケアの第一歩に、悩み相談の手引きに、そしてなにより、自分自身を知るために――。一家に一冊、はじめての「使える精神医学」。

    第1章 みんなのように上手にできない――「発達障害」について
    第2章 人とつながってさえいれば――「ひきこもり」について
    第3章 人づきあいが苦手なんです――「対人恐怖/社会不安障害」について
    第4章 やめられない止まらない――「摂食障害」について
    第5章 自分がバラバラになっていく――「解離」について
    第6章 トラウマは心のどこにある?――「PTSD」について
    第7章 「困った人」とどうつきあう?――「人格障害」について
    第8章 なぜか体が動かない――「うつ病」について
    第9章 意外に身近な心の病――「統合失調症」について

著者

斎藤 環 (サイトウ タマキ)

1961年岩手県生まれ。精神科医。医学博士。爽風会佐々木病院診療部長。専門は思春期・青年期の精神病理、ひきこもり問題の臨床・啓蒙活動。著者『社会的ひきこもり』『「社会的うつ病」の治し方』他多数。

山登 敬之 (ヤマト ヒロユキ)

1957年生まれ。精神科医。医学博士。東京えびすさまクリニック院長。『子どもの精神科』『拒食症と過食症』『パパの色鉛筆』『芝居半分、病気半分』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳