お嬢さまも楽じゃない!?
華やかに見える彼女たちの日常、その裏側の現実とは──?

全集・シリーズ

ズセツエイコクキゾクノレイジョウ

図説 英国貴族の令嬢

村上 リコ

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 A5 ● 128ページ
ISBN:978-4-309-76222-7 ● Cコード:0339
発売日:2014.09.25

定価1,998円(本体1,850円)

○在庫あり

  • 英国が爛熟を極め、転換への道を歩み始める19世紀~20世紀初頭。貴族の令嬢が過ごした豊かで華やかな暮らしぶりと、その陰に秘められた心情を、当時の日記や回想録などの貴重な資料を元に辿る。

    ●第3章「令嬢の社交界デビュー」より

     有名店に行き、あるいは馴染みのドレスメーカーを呼びつけ、細心の注意をはらって晴れの日のドレスをつくる。しかし伯爵家令嬢シンシア・アスキスは、その過程にはさほどのときめきを感じなかったようだ。

    [引用]
     さて次は、果てしなくうんざりする試着の時間。わたしが右足、左足と体重を移し、退屈でピクピクとひきつりながら立っていると、尊大でまじめくさった女性たちが、口いっぱいにピンをくわえ、巻き尺を首にかけて、わたしの足元にひざまずいて議論をたたかわせつつ、要所要所で、本当はあまり関心がなさそうなわたしの母に訴えかけている。
    「そうね、きつすぎるわね」と、優柔不断な母がいつになくきっぱり宣告した。
    「きついですって?」と、侮辱されたようすで、仕立て屋が口にくわえたピンのあいだからもごもご言った。「わたくしはゆるすぎると言っていたのですが!」(略)
     波打たせてまとめ上げたばかりの髪に、白いダチョウの羽毛を三本突き立てると、家のコックと部下たちが「あんれまあ! シンシー嬢がまるで別人になっちまったよ!」と言った。彼女たちは、渦を巻く白いちりめん(クレープ=デ=シン)のドレスがわたしを縛り上げるのを——そう、ほんとうに文字通り縛り上げられたのだ——そして、長くてどうにも手におえない裳裾(トレーン)がわたしの広すぎる肩に取り付けられるところを見ていた。「かわいそうに、あんなこれっぽちも似合わない羽根なんか付けさせられて!」
    (シンシア・アスキス 一九五二年)

     白く渦巻くドレス、髪に飾る白い羽毛の飾り、そして長い長い裳裾。ドレスの色は、とりわけ社交界に出ていく未婚の女性(デビュタント)であればかならず白ときまっていた。ただ、髪に飾る羽根は、手引書を照らし合わせると、どうも「既婚女性は三本、未婚女性は二本」ときまっていたらしく、シンシアの記憶違いかもしれない。

著者

村上 リコ (ムラカミ リコ)

文筆・翻訳家。東京外語大卒、千葉県生まれ。編集プロダクション勤務を経て二〇〇三年よりフリー。著書に『図説 英国メイドの日常』『図説 英国執事』他、翻訳にヴィタ・サックヴィル=ウェスト『エドワーディアンズ 英国貴族の日々』マーガレット・パウエル『英国メイド マーガレットの回想』(河出書房新社)シャーン・エヴァンズ『図説 メイドと執事の文化誌』(原書房)A・M・ニコル『怪物執事』(太田出版)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳