全集・シリーズ

ズセツニッチュウセンソウ

新装版

図説 日中戦争

太平洋戦争研究会

森山 康平

単行本 A5変形 ● 176ページ
ISBN:978-4-309-76256-2 ● Cコード:0321
発売日:2017.07.27

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

  • 盧溝橋事件から80年! 日中戦争はいかに始まり、「熾烈な泥沼の戦い」を経て、いかに終わったか。そのすべてを、この一冊で知る。

    盧溝橋事件から80年! 日中戦争はいかに始まり、「熾烈な泥沼の戦い」を経て、いかに終わったか。————そのすべてを、この一冊で知る。
    北京近郊の盧溝橋で始まった日中戦争、8年間の〈すべての作戦〉を詳しく解説。
    日本軍死者、44万余。中国人死傷者、2100万余。
    私たちは歴史を学び、そして未来を語る。

    編者
    太平洋戦争研究会
    おもに日清・日露戦争から太平洋戦争、米軍占領下の日本に至る近現代史についての取材・執筆・編集グループ。河出書房新社の図説シリーズ「ふくろうの本」に、『図説 満州帝国』『図説 太平洋戦争』『図説 日中戦争』などがある。

    著者
    森山康平(もりやま・こうへい)
    1942年、中国の奉天(現・瀋陽)生まれ。週刊誌・月刊誌の記者を経て、太平洋戦争研究会会員。『図説 沖縄の戦い』『証言 南京事件と三光作戦』『特攻』『図説 玉砕の戦場』など著書多数。

  • 【目次】
    序章 日中戦争はなぜ起こったのか
    第1章 盧溝橋事件から全面戦争へ
    第2章 上海事変と戦線の拡大
    第3章 日本軍、「北支五省」を席巻
    第4章 南京を攻略
    第5章 徐州作戦、隴海線沿線を占領
    第6章 武漢攻略と広東攻略
    第7章 長期持久戦略と占領地の拡大
    第8章 1940年の戦い
    第9章 1941年の戦い
    第10章 大平洋戦争下の日中戦争
     日中戦争年表

著者

太平洋戦争研究会 (タイヘイヨウセンソウケンキュウカイ)

おもに日清・日露戦争から太平洋戦争、米軍占領下の日本にいたる近現代史に関する取材・執筆・編集グループ。河出書房新社の図説シリーズ「ふくろうの本」に、『図説 日中戦争』『図説 満州帝国』『図説 太平洋戦争』『図説 東京裁判』などがある。

森山 康平 (モリヤマ コウヘイ)

に1942年生まれ。大平洋戦争研究会所属。著書『証言記録 大東亜共栄圏』『硫黄島・玉砕の記録』『図説 日中戦争』『図説 特攻』『図説 沖縄の闘い』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳