検索結果

阿久 悠 (アク ユウ)

1937年、兵庫県淡路島生まれ。明治大学文学部卒業。82年『殺人狂時代ユリエ』で横溝正史賞、97年これまでの業績により菊池寛賞、99年紫綬褒章、2000年『詩小説』で島清恋愛文学賞、03年、時代をとらえた執筆活動が評価され、正論新風賞を受賞する。著書として『書き下ろし歌謡曲』『瀬戸内少年野球団』『あこがれ』『恋文』等多数。

13件中 113件を表示 | 表示件数   件

歌謡曲春夏秋冬
  • 河出文庫 / 360頁
  • 2008.07.08発売
  • ISBN 978-4-309-40912-2

定価821円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
なぜか売れなかったぼくの愛しい歌
  • 河出文庫 / 240頁
  • 2008.07.08発売
  • ISBN 978-4-309-40913-9

定価734円(本体680円)

×品切・重版未定

詳細を見る
犬猫太平記

日本文学

犬猫太平記

阿久 悠

父の死、レコード大賞連続受賞。作詞家・作家として多忙を極めた日常に、彩りを与えた愛犬・愛猫たち。ともに人生を歩んだ彼らとの30年間を、ユーモアと哀感をこめて描く書下ろし。

  • 単行本 / 212頁
  • 2004.12.17発売
  • ISBN 978-4-309-01689-4

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
なぜか売れなかったが愛しい歌

日本文学

なぜか売れなかったが愛しい歌

阿久 悠

作詞家として手掛けた歌五千曲。数ある著者の歌の中で、大ヒットはしなかったものの、なぜか忘れがたい「愛しい歌」。その時代背景や創作のエピソードを、慈愛に満ちたまなざしで綴る。

  • 単行本 / 216頁
  • 2003.07.22発売
  • ISBN 978-4-309-01561-3

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
文楽

日本文学

文楽
歌謡曲春夏秋冬

阿久 悠

「東京」「殺人」「心中」……。歌謡曲に使われた言葉は時代の中でどう歌われ、役割を変えてきたのか。稀代のヒットメイカーが実例を挙げ、作詞法に触れつつ言葉と時代を興味深く描出する集大成。

  • 単行本 / 264頁
  • 2000.05.20発売
  • ISBN 978-4-309-01354-1

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
恋文

文庫・新書

恋文

阿久 悠

  • 河出文庫 / 248頁
  • 2000.02.06発売
  • ISBN 978-4-309-40605-3

定価734円(本体680円)

×品切・重版未定

詳細を見る
球心蔵

文庫・新書

球心蔵

阿久 悠

  • 河出文庫 / 336頁
  • 1999.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-40600-8

定価810円(本体750円)

×品切・重版未定

詳細を見る
あこがれ

文庫・新書

あこがれ

阿久 悠

“買っていただけませんか? 私を――”。都市を撮り続けるカメラマン、五○歳。彼の前に現れた女神のように無邪気な女。男五○歳の発熱、女二○歳の老衰。現代の愛を艶やかに描く本格的恋愛小説。

  • 河出文庫 / 288頁
  • 1999.03.04発売
  • ISBN 978-4-309-40569-8

定価734円(本体680円)

×品切・重版未定

詳細を見る
絹婚式

文庫・新書

絹婚式

阿久 悠

  • 河出文庫 / 296頁
  • 1999.02.04発売
  • ISBN 978-4-309-40567-4

定価734円(本体680円)

×品切・重版未定

詳細を見る
球心蔵

日本文学

球心蔵

阿久 悠

タイガース監督・村雨烈が、ジャイアンツ監督・長与太陽を、試合中に殴った! 監督交代、選手の入れ換え、球界は大騒ぎ。野球界を通して、人生を描く極上のエンターテイメント。

  • 単行本 / 296頁
  • 1997.12.15発売
  • ISBN 978-4-309-01191-2

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ベースボール・パラダイス

日本文学

ベースボール・パラダイス

阿久 悠

若き天才打者と夜叉の如き無頼打者の間で自らの生き方を見つめ直すスポーツ記者。“野球”に人生を賭けた男達のロマンを描く渾身の連作小説。書き下ろし「天才と夜叉」他四篇。

  • 単行本 / 224頁
  • 1996.09.20発売
  • ISBN 978-4-309-01093-9

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ちょっとお先に

日本文学

ちょっとお先に

阿久 悠

逝きし友へ捧ぐ――。「同棲時代」で一世を風靡した、親友・上村一夫に限りない哀惜の念をこめて綴る表題作他、華やかな芸能界・映画界の舞台裏を切ないユーモアで描く秀作三篇を収録!

  • 単行本 / 232頁
  • 1996.02.20発売
  • ISBN 978-4-309-01043-4

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る
あこがれ

日本文学

あこがれ

阿久 悠

“買っていただけませんか? 私を……”。都市を撮り続けるカメラマン、50歳。彼の前に現れた女神の如き無邪気な女。男50歳の発熱、女20歳の老衰。現代の愛を艶やかに描く本格的恋愛小説。

  • 単行本 / 264頁
  • 1995.11.20発売
  • ISBN 978-4-309-01022-9

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る