検索結果

山本 健吉 (ヤマモト ケンキチ)

5件中 15件を表示 | 表示件数   件

図説 おくのほそ道

ふくろうの本

ふくろうの本/日本の文化

図説 おくのほそ道

松尾 芭蕉 原文 山本 健吉 訳 渡辺 信夫

300年前に芭蕉が歩いた全ルートの原風景を、今に遺された140点余の風景画・古絵図で再現。芭蕉の達文と精神を原風景に置いて味読し朗読する決定版・おくのほそ道。

  • 単行本 / 128頁
  • 2000.04.12発売
  • ISBN 978-4-309-72635-9

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
柿本人麻呂

柿本人麻呂

山本 健吉

詩歌史の黎明期に現われた歌人・柿本人麻呂が、古代の生活共同体を背景とした雄大な長歌を完成し、同時に、反歌の中に個の芸術的衝動をこめて、抒情詩としての短歌の成立を促した跡を辿る壮大な論考。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 1990.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-40288-8

定価713円(本体660円)

×品切・重版未定

詳細を見る
万葉大和を行く

文庫・新書

万葉大和を行く

山本 健吉

万葉のふるさと――大和の地――の各所を訪ね歩いて、万葉の風土を体で感じ取り、国文学や民俗学の知識を生かしながら、日本人の心の原郷を味わい楽しむ紀行文。万葉関係の地図および写真を多数挿入。

  • 河出文庫 / 224頁
  • 1990.04.04発売
  • ISBN 978-4-309-40270-3

定価503円(本体466円)

×品切・重版未定

詳細を見る
奥の細道を読む

奥の細道を読む

山本 健吉

旅の意味、人生の意味を私たちに問いかける紀行文学の最高峰「奥の細道」の現代語訳、句の評釈、原文、及び「奥の細道」に関する全エッセイを一冊にまとめた絶好の入門書。

  • 河出文庫 / 248頁
  • 1989.02.04発売
  • ISBN 978-4-309-40231-4

定価545円(本体505円)

×品切・重版未定

詳細を見る
芭蕉三百句

芭蕉三百句

山本 健吉

草庵生活の中で、また旅の途上で作られた約一千の句の中から、珠玉の三百余句を選び、芭蕉理解の第一人者である著者が、懇切な注解と鑑賞をほどこした滋味ゆたかな芭蕉芸術解読の書。

  • 河出文庫 / 296頁
  • 1988.02.04発売
  • ISBN 978-4-309-40211-6

定価577円(本体534円)

×品切・重版未定

詳細を見る