検索結果

小林 エリカ (コバヤシ エリカ)

1978年東京生まれ。作家・マンガ家。2014年「マダム・キュリーと朝食を」(集英社)で第27回三島由紀夫賞候補、第151回芥川龍之介賞候補。著書は"放射能”の歴史を辿るコミック『光の子ども1」(リトルモア)、作品集に『忘れられないの』(青土社)。ノンフィクションに『親愛なるキティーたちへ』(リトルモア)など。クリエイティブ・ガールズ・ユニット〈kvina〉としても活動。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

庭園美術館へようこそ

芸術・芸能

庭園美術館へようこそ
旧朝香宮邸をめぐる6つの物語

朝吹 真理子福田 里香 著 小林 エリカ 12898 ほし よりこmamoru阿部 海太郎

2014年11月、リニューアル・オープンした東京都庭園美術館。本書はリニューアル記念として刊行された美術館読本。旧朝香宮邸を巡る6つの物語は、新しい未来への物語の序章に……。

  • 単行本 / 122頁
  • 2014.11.27発売
  • ISBN 978-4-309-25557-6

定価1,944円(本体1,800円)

△2週間~

詳細を見る
ネバーソープランド

日本文学

ネバーソープランド

小林 エリカ

どこでもない“ニッポン”で老いさらばえる「ウェンディー」と「ピイタア」。彼女の眼にはすべてが狂って見える。不思議で残虐なイメージを独特なリズムで描く処女小説。

  • 単行本 / 64頁
  • 2001.03.27発売
  • ISBN 978-4-309-01405-0

定価1,080円(本体1,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る