検索結果

黒古 一夫 (クロコ カズオ)

1945年群馬県生まれ。現在、図書館情報大学教授。作品に『北村透谷論』『大江健三郎論』『立松和平――疾走する文学精神』ほか。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

灰谷健次郎――その「優しさ」と「文学」の行方

日本文学

灰谷健次郎――その「優しさ」と「文学」の行方

黒古 一夫

大衆小説と純文学のはざまに位置する児童文学――文芸時評や文壇の話題にならないこのジャンルで『兎の眼』『太陽の子』等で読者の圧倒的支持を受ける灰谷作品を様々な角度から検証する。

  • 単行本 / 252頁
  • 2004.01.22発売
  • ISBN 978-4-309-01603-0

定価2,420円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
立松和平伝説

日本文学

人間ドキュメント

立松和平伝説

黒古 一夫

1970年『とほうにくれて』で文壇デビューを果たし、いま最も脂の乗り切った現代作家立松和平――戦後文学の正統を継ぐ彼は未来に向けどう発信していくのか。時代の目撃者立松文学の全貌!

  • 単行本 / 256頁
  • 2002.06.28発売
  • ISBN 978-4-309-01472-2

定価2,420円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る