検索結果

守中 高明 (モリナカ タカアキ)

1960年東京生まれ。早稲田大学法学学術院教授。浄土宗・専念寺住職。著書に『脱構築』、『存在と灰』、『ジャック・デリダと精神分析』などが、詩集に『守中高明詩集』、翻訳にデリダ『赦すこと』などがある。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

他力の哲学

哲学・思想・宗教

他力の哲学
赦し・ほどこし・往生

守中 高明

法然、親鸞、一遍における信仰の生成を、生/死を超える万人救済の教えとして問い直し〈他力〉を現代性を鳴り響かせつつ甦えらせる――詩人思想家がその生のすべてを賭けた「廻心」の書。

  • 単行本 / 256頁
  • 2019.02.07発売
  • ISBN 978-4-309-24900-1

定価2,808円(本体2,600円)

△2週間~

詳細を見る
批評と臨床

文庫・新書

批評と臨床

ジル・ドゥルーズ 著 守中 高明 訳 谷 昌親

文学とは錯乱/健康の企てであり、その役割は来たるべき民衆=人民を創造することなのだ。「神の裁き」から生を解き放つため極限の思考。ドゥルーズの思考の到達点を示す生前最後の著書にして不滅の名著。

  • 河出文庫 / 328頁
  • 2010.05.07発売
  • ISBN 978-4-309-46333-9

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
批評と臨床

哲学・思想・宗教

批評と臨床

ジル・ドゥルーズ 著 守中 高明 訳 谷 昌親 06585 鈴木 雅大

作家とは、言語の内部にひとつの新しい言語を、ひとつの外国語を発明する――最晩年のドゥルーズが、極限を生きた<作家>たちを論じた特異な文学=思想論。

  • 単行本 / 312頁
  • 2002.10.29発売
  • ISBN 978-4-309-24263-7

定価3,780円(本体3,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る