検索結果

早乙女 勝元 (サオトメ カツモト)

1932年東京生まれ。12歳で東京大空襲を経験。『下町の故郷』が直木賞候補に推される。『ハモニカ工場』発表後、ルポルタージュ『東京大空襲』がベストセラーになる(日本ジャーナリスト会議奨励賞)。「東京大空襲を記録する会」を結成し、『東京大空襲・戦災誌』が菊池寛賞を受賞。著書は100冊を超えるが、主な作品に『早乙女勝元自選集』(全12巻)『生きることと学ぶこと』『戦争を語りつぐ』など。映画「軍隊をすてた国」。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

ゴマメの歯ぎしり

歴史・地理・民俗

ゴマメの歯ぎしり
平和を探して生きる

早乙女 勝元

東京大空襲の語り部として、粘り強く、平和の重さを説きつづける著者の、回想60年。軍国少年失格の少年期、山田洋次監督との出会いと寅さん誕生秘話など、エピソードも豊富。

  • 単行本 / 256頁
  • 2004.07.08発売
  • ISBN 978-4-309-22415-2

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
図説 東京大空襲

ふくろうの本

ふくろうの本/日本の歴史

図説 東京大空襲

早乙女 勝元

  • 単行本 / 160頁
  • 2003.08.12発売
  • ISBN 978-4-309-76033-9

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
戦争と子どもたち

歴史・地理・民俗

戦争と子どもたち

早乙女 勝元

昭和20年、12歳の少年は東京大空襲の劫火の中を逃げまどった。あれから50余年、いまも世界各地から子どもたちの悲鳴が聞こえてくる。体験を武器に行動する作家の眼がとらえた戦争の実相!

  • 単行本 / 240頁
  • 2003.01.08発売
  • ISBN 978-4-309-22397-1

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
語りつぐ戦争

歴史・地理・民俗

語りつぐ戦争
15人の伝言

早乙女 勝元

庶民を描く作家として、草の根の戦争の語り部として平和を訴えつづける著者が、かつて出会った10カ国15人の人々と再会、反戦の決意を確かめあう感動の記録。忘れてたまるか東京大空襲!

  • 単行本 / 232頁
  • 2002.08.08発売
  • ISBN 978-4-309-22393-3

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る