検索結果

北河 大次郎 (キタガワ ダイジロウ)

1969年、静岡県生まれ。1992年、東京大学卒業。1999年、国立エコール・デ・ポンゼショセ(フランス)博士号取得。現在、文化庁文化財部参事官付文化財調査官。主な編著に『技術者たちの近代』(2005年、土木学会)、共著に『歴史学事典 第14巻 ものとわざ』(2007年、弘文堂)など。土木学会論文奨励賞受賞(1998年)。『近代都市パリの誕生』で2010年度サントリー学芸賞(芸術・文学部門)受賞。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

近代都市パリの誕生

河出ブックス

近代都市パリの誕生
鉄道・メトロ時代の熱狂

北河 大次郎

第32回サントリー学芸賞受賞! 鉄道建設への情熱とメトロへの期待が沸騰していた19世紀パリ。熱狂と葛藤、様々な対立のなかで、パリはなぜ都市の歴史性、美しい街並みを保持できたのか?

  • 単行本 / 248頁
  • 2010.06.14発売
  • ISBN 978-4-309-62417-4

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
図説 日本の近代化遺産

ふくろうの本

ふくろうの本/日本の文化

図説 日本の近代化遺産

北河 大次郎後藤 治 文 小野 吉彦

橋、ダム、トンネル、港湾、鉄道施設、工場、水道施設――工業立国ニッポンを支えた、「近代化遺産」の数々。重要文化財を網羅した決定版ガイド。貴重写真多数・資料も充実。

  • 単行本 / 144頁
  • 2007.09.25発売
  • ISBN 978-4-309-76100-8

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る