検索結果

アラン・ロブ=グリエ (ロブ=グリエ,A)

1922年ブレスト生まれ。53年『消しゴム』でデュー。以降、ジョルジュ・バタイユやロラン・バルトらの積極的な支持を受けながら、ヌーボー・ロマンの旗手として活躍。主著に、『嫉妬』『迷路のなかで』『幻影都市のトポロジー』『反復』等。自ら脚本を手がけた「去年マリエンバードで」(アラン・ロネ監督)以降、映画監督としても活躍。2008年没。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

快楽の館

文庫・新書

快楽の館

アラン・ロブ=グリエ 著 若林 真

英国領香港の青い館〈ヴィラ・ブルー〉で催されるパーティ。麻薬取引や人身売買の話が飛び交い、ストリップやSMショーが行われる夢と幻覚の世界。独自の意識小説を確立した、ロブ=グリエの代表作。

  • 河出文庫 / 216頁
  • 2009.04.07発売
  • ISBN 978-4-309-46318-6

定価950円(本体880円)

×品切・重版未定

詳細を見る