検索結果

エリザベス・M・ノーマン (M・ノーマン,E)

看護師を経て、現在ニューヨーク大学歴史学専攻の教授。1999年に、太平洋戦争中のバターンにあった野戦病院で働いた従軍看護婦たちを描いた本を刊行。本書のきっかけとなった。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

バターン 死の行進

歴史・地理・民俗

バターン 死の行進

マイケル・ノーマンエリザベス・M・ノーマン 著 浅岡 政子中島 由華

太平洋戦争初期、進撃する日本軍はフィリピンのバターン半島で米比軍捕虜7万6千人を、収容所まで100キロ行進させた。死者1万の事件の全貌を客観的に解明した初めての第一級資料。

  • 単行本 / 612頁
  • 2011.04.22発売
  • ISBN 978-4-309-22540-1

定価4,104円(本体3,800円)

×品切

詳細を見る