検索結果

浅岡 政子 (アサオカ マサコ)

東京生まれ。翻訳グループ牧人舎で、おもにノンフィクションの翻訳プロジェクトに参加。訳書に、B・ホール『サスキア』(角川書店)、共訳書に、W・バー編『キッシンジャー〔最高機密〕会話録』(毎日新聞社)、B・バーバー『予防戦争という論理』(阪急コミュニケーションズ)などがある。

7件中 17件を表示 | 表示件数   件

世界戦争事典

歴史・地理・民俗

世界戦争事典
改訂増補第2版

ジョージ・C・コーン 著 鈴木 主税浅岡 政子

人類はどんな戦争をしてきたのか? 4000年にわたる戦争を約2000項目で詳しく解説した基礎データ事典。イラク戦争終結、アラブの春、最近のウクライナ政変、イスラム国などを追加収録。

  • 単行本 / 760頁
  • 2014.09.29発売
  • ISBN 978-4-309-22614-9

定価13,824円(本体12,800円)

○在庫あり

詳細を見る
バターン 死の行進

歴史・地理・民俗

バターン 死の行進

マイケル・ノーマンエリザベス・M・ノーマン 著 浅岡 政子中島 由華

太平洋戦争初期、進撃する日本軍はフィリピンのバターン半島で米比軍捕虜7万6千人を、収容所まで100キロ行進させた。死者1万の事件の全貌を客観的に解明した初めての第一級資料。

  • 単行本 / 612頁
  • 2011.04.22発売
  • ISBN 978-4-309-22540-1

定価4,104円(本体3,800円)

△2週間~

詳細を見る
大空襲と原爆は本当に必要だったのか

歴史・地理・民俗

大空襲と原爆は本当に必要だったのか

A・C・グレイリング 著 鈴木 主税浅岡 政子

50万の日本市民と30万のドイツ市民はなぜ死ななければならなかったのか。連合国による大規模な無差別爆撃の「犯罪性」「道義的責任」を初めて正面から論じた日本人必読の書。

  • 単行本 / 424頁
  • 2007.02.22発売
  • ISBN 978-4-309-22460-2

定価3,024円(本体2,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
世界戦争事典

歴史・地理・民俗

世界戦争事典

ジョージ・C・コーン 著 鈴木 主税浅岡 政子

湾岸戦争からコソヴォ紛争、アメリカのアフガニスタン侵攻、そしてイラク戦争まで、最新の情報を収録した待望の大改訂版! 人類4000年の戦争を網羅した画期的基礎資料。総項目数約2000。

  • 単行本 / 752頁
  • 2006.03.20発売
  • ISBN 978-4-309-22448-0

定価13,824円(本体12,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ニュルンベルク・インタビュー 上

歴史・地理・民俗

ニュルンベルク・インタビュー 上

レオン・ゴールデンソーン 著 ロバート・ジェラトリー 編 小林 等高橋 早苗浅岡 政子

ニュルンベルク裁判中に、ナチス幹部たちに対して精神科医が行なったインタビューの生々しい記録。大量虐殺を含め、彼らの動機や考え方や精神性などが克明に記された、第一級の史料。

  • 単行本 / 380頁
  • 2005.11.22発売
  • ISBN 978-4-309-22440-4

定価2,592円(本体2,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ニュルンベルク・インタビュー 下

歴史・地理・民俗

ニュルンベルク・インタビュー 下

レオン・ゴールデンソーン 著 ロバート・ジェラトリー 編 小林 等高橋 早苗浅岡 政子

ニュルンベルク裁判中に、ナチス幹部たちに対して精神科医が行なったインタビューの生々しい記録。大量虐殺を含め、彼らの動機や考え方や精神性などが克明に記された、第一級の史料。

  • 単行本 / 368頁
  • 2005.11.22発売
  • ISBN 978-4-309-22441-1

定価2,592円(本体2,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ノルマンディー上陸作戦

歴史・地理・民俗

地図で読む世界の歴史

ノルマンディー上陸作戦

チャールズ・メッセンジャー 著 鈴木 主税浅岡 政子

  • 単行本 / 176頁
  • 2005.05.24発売
  • ISBN 978-4-309-61187-7

定価2,808円(本体2,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る