検索結果

武末 純一 (タケスエ ジュンイチ)

1950年生まれ。九州大学大学院文学研究科史学専攻修士課程修了。修士(文学)。北九州市立考古博物館副館長を経て、福岡大学人文学部教授。主な著書に『土器から見た日韓交渉』、『弥生の村』など。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

列島の考古学 弥生時代

歴史・地理・民俗

列島の考古学

列島の考古学 弥生時代

武末 純一森岡 秀人設楽 博己

大胆なテーマ設定、多数の図版によるシリーズ第3回配本。石包丁の語る事、戦争論、男女像の変遷、都市論、朝鮮半島との交流、宗教など、多様な角度で分裂から統合へと向かう時代を描く。

  • 単行本 / 120頁
  • 2011.07.12発売
  • ISBN 978-4-309-71443-1

定価3,080円(本体2,800円)

○在庫あり

詳細を見る