検索結果

関口 涼子 (セキグチ リョウコ)

1970年生まれ。詩人・翻訳家。訳書に、P・シャモワゾー『素晴らしきソリボ』、J・エシュノーズ『ラヴェル』など。多和田葉子、杉浦日向子など、日本の小説・コミックのフランス語訳も数多く手がけている。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

セロトニン

外国文学

セロトニン

ミシェル・ウエルベック 著 関口 涼子

巨大生化学メーカーを退職した若い男が、遺伝子組換え、家族崩壊、過去の女性たちへの呪詛や悔恨を織り交ぜて語る現代社会への深い絶望。世界で大きな反響を呼ぶベストセラー。

  • 単行本 / 320頁
  • 2019.09.23発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-20781-0

予価2,592円(本体2,400円)

※未刊

詳細を見る
オリエンタルピアノ

コミック

オリエンタルピアノ

ゼイナ・アビラシェド 著 関口 涼子

スタイリッシュなモノクロ画面、西と東の文化、曾祖父と曾孫、フランス語とアラビア語、50年代ベイルートと現代パリを交差して語られる家族の歴史。文学賞も受賞したBD作品!

  • 単行本 / 212頁
  • 2016.10.28発売
  • ISBN 978-4-309-27771-4

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
素晴らしきソリボ

外国文学

素晴らしきソリボ

パトリック・シャモワゾー 著 関口 涼子パトリック・オノレ

カーニバルの夜、語り部ソリボは言葉に喉を掻き裂かれて死ぬ──クンデラに「ボッカッチョやラブレーにつづく口承文学と記述文学の出会い」と激賞された、クレオール文学の旗手の代表作。

  • 単行本 / 248頁
  • 2015.01.19発売
  • ISBN 978-4-309-20670-7

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
話してあげて、戦や王さま、象の話を

外国文学

話してあげて、戦や王さま、象の話を

マティアス・エナール 著 関口 涼子

トルコのスルタンから橋の設計を依頼されたミケランジェロが異国の街イスタンブールで見たものは──史実を基に芸術家の内面と愛の神秘を描き、「高校生が選ぶゴンクール賞」に輝いた傑作。

  • 単行本 / 176頁
  • 2012.10.11発売
  • ISBN 978-4-309-20605-9

定価1,944円(本体1,800円)

×品切

詳細を見る