検索結果

片山 杜秀 (カタヤマ モリヒデ)

1963年、宮城県生まれ。思想史家。慶應義塾大学法学部教授。専攻は近代政治思想史、政治文化論。音楽評論家としても活躍。『音盤考現学』『未完のファシズム』『近代日本の右翼思想』など。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

歴史という教養

歴史という教養

片山 杜秀

この国には「歴史」が足りない。歴史に学べと簡単に言うが、先行きの見えない時代の中で、それはいったいどういうことなのか――。当代屈指の思想史家が、歴史センスのみがき方を緊急講義。

  • 単行本 / 232頁
  • 2019.01.28発売
  • ISBN 978-4-309-63103-5

定価864円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る
伊福部昭

文藝別冊

伊福部昭
ゴジラの守護神・日本作曲界の巨匠

片山 杜秀 責任編集

「ゴジラ」等の映画音楽でも知られる日本作曲界の巨匠・伊福部昭の総特集。自らの歩みを語った幻のインタビューを一挙掲載、その真髄に迫る。大友良英、上野耕路、井上道義、伊福部達ほか。

  • ムック / 224頁
  • 2014.05.31発売
  • ISBN 978-4-309-97833-8

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
クラシックの核心

芸術・芸能

クラシックの核心
バッハからグールドまで

片山 杜秀

クラシックでも、近現代の辺縁を偏愛してきたクラシック批評の異彩が、ついにモーツァルト、ショパン、ワーグナー、マーラー、フルトヴェングラー、カラヤン、クライバーらの魅力を語る!

  • 単行本 / 200頁
  • 2014.03.13発売
  • ISBN 978-4-309-27478-2

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る