検索結果

柳原 白蓮 (ヤナギワラ ビャクレン)

1885年、柳原前光伯爵の次女として生まれる。大正天皇の従妹。東洋英和女学校に編入学し、佐佐木信綱に和歌を師事。村岡花子らと交流する。宮崎龍介と知り合い、恋に落ちる。いわゆる白蓮事件を起こす。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

ことたま

日本文学

ことたま
柳原白蓮エッセイ集

柳原 白蓮

「花子とアン」で話題!! 宮崎滔天の長男・龍介と恋に落ち、出奔。2児に恵まれ、その後幸せな家庭を築く。戦後は平和運動に奔走、女性のために尽くした稀有な人生!

  • 単行本 / 224頁
  • 2015.11.10発売
  • ISBN 978-4-309-02414-1

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
白蓮自叙伝 荊棘の実

日本文学

白蓮自叙伝 荊棘の実

柳原 白蓮

伯爵家令嬢として、階級と時代に翻弄された波瀾の生涯。東洋英和で育んだ村岡花子との友情。炭鉱王との再婚、宮崎龍介との恋までもをみずからが語る、稀有な自叙伝。華族の暮らしも満載!!

  • 単行本 / 448頁
  • 2014.08.26発売
  • ISBN 978-4-309-02315-1

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る