検索結果

楠原 佑介 (クスハラ ユウスケ)

1941年、岡山県生まれ。京都大学文学部史学科(地理学)卒業。出版社勤務の後、編集・著述・評論活動に入る。「地名情報資料室・地名110番」主宰。著書に『この地名が危ない』(幻冬舎新書)などがある。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

日本の地名 由来のウソと真相

歴史・地理・民俗

日本の地名 由来のウソと真相
あの土地・山・島・川…の呼び名の本当のルーツ!

楠原 佑介

その土地の地形、災害、文化、住民の歴史をたんねんに調査し、ちまたでまことしやかに語られている地名の由来を徹底検証。そのウソをあばいていく。日本の地名に潜むドラマをひも解く書!

  • 単行本 / 200頁
  • 2015.04.28発売
  • ISBN 978-4-309-22627-9

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る