検索結果

植本 一子 (ウエモト イチコ)

1984年、広島県生まれ。2003年キャノン写真新世紀で優秀賞を受賞。著書に『働けECD 私の育児混沌記』『かなわない』『家族最後の日』『降伏の記録』『フェルメール』『台風一過』など。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

うれしい生活

芸術・芸能

うれしい生活

植本 一子

夫との出会いと結婚、子どもの出産と成長、そして突然訪れた夫の死――変容する現代に、家族のかたちとはなにか? 光の束のなかにその姿を写す、気鋭の写真家による初めての作品集。

  • 単行本 / 192頁
  • 2019.12.02発売
  • ISBN 978-4-309-25648-1

定価3,190円(本体2,900円)

△2週間~

詳細を見る
台風一過

日本文学

台風一過

植本 一子

壮絶なる闘病生活の果に、夫にしてラッパーのECDが亡くなった。激変していく毎日の暮らしのなかで、今もなお家族のなかに生き続ける夫の姿とは? 気鋭の写真家が記録した、新しい家族の形。

  • 単行本 / 304頁
  • 2019.05.28発売
  • ISBN 978-4-309-02799-9

定価2,035円(本体1,850円)

○在庫あり

詳細を見る
降伏の記録

日本文学

降伏の記録

植本 一子

末期癌を患った夫と育っていく子どもたち、そしてときおり届く絶縁したはずの実家からの手紙……移りゆく時間の輝きと研ぎ澄まされる内省の果てに訪れた、破局と救済の記録。

  • 単行本 / 328頁
  • 2017.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-02620-6

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る