検索結果

橋本文隆 (ハシモト フミタカ)

1940年、東京都生まれ。千葉大学工学部建築学科卒業後、芦原義信建築設計研究所入所。計画環境建築研究所所長。建築家。千葉大学客員助教授、早稲田大学非常勤講師を務める。著書に『同潤会アパート生活史』(住まいの図書館出版局)、『消えゆく同潤会アパートメント』(河出書房新社)など。アール・ヌーヴォー建築に魅せられ、30年にわたり世界各地を旅し、研究を重ねている。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

消えゆく同潤会アパートメント 新装版

らんぷの本

消えゆく同潤会アパートメント 新装版
同潤会が描いた都市の住まい・江戸川アパートメント

橋本文隆内田 青蔵 編 大月 敏雄 30069 兼平 雄樹 写真

表参道のシンボル・青山アパートメント、「東洋一」と謳われた江戸川アパートメント……今はない同潤会アパートの数々。憧れのモダン・ライフを見に行こう!! 永久保存版。

  • 単行本 / 160頁
  • 2011.04.15発売
  • ISBN 978-4-309-72780-6

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
図説 アール・ヌーヴォー建築

ふくろうの本

ふくろうの本/世界の文化

図説 アール・ヌーヴォー建築
華麗なる世紀末

橋本文隆

魅力あふれる世紀末建築〈アール・ヌーヴォー〉の決定版ガイド。ブリュッセル、パリ、ウィーン、プラハ、ブタペスト、バルセロナ等を徹底取材+解説。建築・美術ファン必携。

  • 単行本 / 144頁
  • 2007.11.22発売
  • ISBN 978-4-309-76107-7

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る