検索結果

ジョン ・クラカワー (クラカワー,J)

1954年生まれ。登山家、ジャーナリスト。多方面にわたって執筆活動を続ける。著書に 「荒野へ」(集英社)「空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか」(文春文庫)など多数。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

信仰が人を殺すとき 上

文庫・新書

信仰が人を殺すとき 上

ジョン ・クラカワー 著 佐宗 鈴夫

「背筋が凍るほどすさまじい傑作」と言われたノンフィクション傑作を文庫化! 一九八四年ユタ州で起きた母子惨殺事件の背景に潜む宗教の闇。「彼らを殺せ」と神が命じた――信仰、そして人間とはなにか?

  • 河出文庫 / 344頁
  • 2014.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-46396-4

定価902円(本体820円)

○在庫あり

詳細を見る
信仰が人を殺すとき 下

文庫・新書

信仰が人を殺すとき 下

ジョン ・クラカワー 著 佐宗 鈴夫

「神」の御名のもと、弟の妻とその幼い娘を殺した熱心な信徒、ラファティ兄弟。その背景のモルモン教原理主義をとおし、人間の普遍的感情である信仰の問題をドラマチックに描く傑作。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2014.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-46397-1

定価902円(本体820円)

○在庫あり

詳細を見る
信仰が人を殺すとき

ノンフィクション

信仰が人を殺すとき

ジョン ・クラカワー 著 佐宗 鈴夫

人を救うはずの宗教が、なぜ人を殺すのか? アメリカの宗教の中で最大勢力のモルモン教。その原理主義者の兄弟が起こした殺人事件を軸に信仰とは何かを追う迫真のノンフィクション。

  • 単行本 / 464頁
  • 2005.04.22発売
  • ISBN 978-4-309-20433-8

定価2,750円(本体2,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る