読者の声

ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

And so this is Xmas

『アンフェア』シリーズ(原作)、ドラマ『そして、誰もいなくなった』(脚本)の作家が放つ、
ノンストップのクライムサスペンス!

単行本

アンドソーディスイズクリスマス

And so this is Xmas

秦 建日子

定価1,728円(本体1,600円)

この本に寄せられた“ 読者の声 ”です。

★2016.11.10   「これは戦争です」と言う犯人の意味新な言葉から私が想起するのは、「レデイジョーカー」や「マークスの山」等を表した高村薫氏の作品群。犯人はきまって、真面目でおとなしく小心者で、日常の些細で意味深な言葉や行為から、壮大で凶悪な犯罪が連続していく。息もつがせぬ面白さが展開していくと予想される建日子氏の小説の続きを読みたいと思い、この短文をかいています。きっと、読後、犯人の心や生い立ちに涙すると思います。ただ、面白いだけの映画や小説が大流行のなかで、人間の姿や心の闇を暴き出す作品であってほしいです。注文も兼ねています。葉はは。はた様へ。北健作(問題なし)より。

富山県 ブルース・リーK さん 51歳 男性