ジャンル: 
  1. ノンフィクション

単行本

アイヲシッタノハショケイニカリタテラレルヒビノアトダッタ

愛を知ったのは処刑に駆り立てられる日々の後だった

舟越 美夏

単行本 46 ● 248ページ
ISBN:978-4-309-02825-5 ● Cコード:0095
発売日:2019.08.27

定価2,035円(本体1,850円)

○在庫あり

  • 自爆テロ直前で思いとどまった女性、ロシア軍の特殊部隊の兵士、元ポルポト派少年兵、チベットで焼身自殺をした少女など、過酷な場で生と死の極限を生きる人々の姿を描くノンフィクション。

著者

舟越 美夏 (フナコシ ミカ)

1989年、共同通信入社。プノンペン、ハノイなどの支局長をつとめて2019年に退社。ポルポト派を取材した『人はなぜ人を殺したのか』で平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳