ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

カンセンショウブンガクロンジョセツ

感染症文学論序説

文豪たちはいかに書いたか

石井 正己

単行本 46変形 ● 196ページ
ISBN:978-4-309-02958-0 ● Cコード:0095
発売日:2021.05.20(予定)

予価1,892円(本体1,720円)

※未刊

  • コレラ、結核、スペイン風邪……近代日本はたびたび感染症に見舞われてきた。文学はそれをどう描いていたか。紅葉、子規、鴎外、志賀、芥川……重要な歴史的証言として文学作品を読み直す。

著者

石井 正己 (イシイ マサミ)

1958年東京都生まれ。国文学者・民俗学者。東京学芸大学教授。著書に『文豪たちの関東大震災体験記』『図説 遠野物語の世界』『図説 古事記』『図説 源氏物語』『遠野物語の誕生』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳