検索結果

2890件中 120件を表示 | 表示件数   件

にっこり、洋食

日本文学

にっこり、洋食
おいしい文藝

江國 香織谷崎 潤一郎村上 春樹

ビーフシチュー、カツレツ、オムライス、ナポリタン……西洋料理から独自にアレンジ・発展した「洋食」をテーマに、エッセイ32篇を厳選。みんなが笑顔になる幸福感あふれるアンソロジー!

  • 単行本 / 208頁
  • 2021.11.29発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03008-1

予価1,782円(本体1,620円)

※未刊

詳細を見る
虹いろ図書館のかいじゅうたち

日本文学

5分シリーズ+

虹いろ図書館のかいじゅうたち

櫻井 とりお

心凍らせた少女かおりといじめを受けた少年ケン。体の中にかいじゅうを飼い、出口を探す二人にイヌガミさんと図書館の人々は――?大好評シリーズ第3弾。世界は決してあなたを見捨てない。

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.11.29発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03009-8

予価1,342円(本体1,220円)

※未刊

詳細を見る
江戸釣百物語

日本文学

江戸釣百物語
将軍から庶民まで

長辻 象平

遊びとしての釣りは江戸時代から始まった。各地に残る釣りにまつわる怪談や、浮世絵に描かれた町の人々が興じる様子、将軍の釣りの記録まで。江戸文化としての釣りを図版とともに楽しむ。

  • 単行本 / 192頁
  • 2021.11.26発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03010-4

予価2,002円(本体1,820円)

※未刊

詳細を見る
パパララレレルル

日本文学

パパララレレルル

最果 タヒ

「愛はいかづち」「限界人魚姫」「眠れる森後の美女」「きみはPOP」「記憶の麻薬」「猫はちゃんと透き通る」……「物語」と「言葉」が弾ける26の小宇宙。待望の短編集!

  • 単行本 / 192頁
  • 2021.11.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03004-3

予価1,760円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
10年間飲みかけの午後の紅茶に別れを告げたい

日本文学

10年間飲みかけの午後の紅茶に別れを告げたい
部屋をめぐる空想譚

岡田 悠

10年共に暮らしたペットボトルの意外な正体、トリセツ554冊から浮かび上がる衝撃の真実……記事累計800万PVの人気ライターが「部屋だけ」で繰り広げる日常エンターテインメント。

  • 単行本 / 208頁
  • 2021.11.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03005-0

予価1,782円(本体1,620円)

※未刊

詳細を見る
何がなんでも長編小説が書きたい!

日本文学

何がなんでも長編小説が書きたい!
プロ作家として生き抜くために(仮)

鈴木 輝一郎

プロ作家を目指すには、長編小説の執筆が不可欠!ついに江戸川乱歩賞を輩出した小説講座カリスマ講師が「長編小説が書けない」作家志望者に、具体的かつ実践的な解決法を伝授!

  • 単行本 / 224頁
  • 2021.11.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03011-1

予価1,782円(本体1,620円)

※未刊

詳細を見る
薔薇色の門 誘惑

日本文学

薔薇色の門 誘惑
遠藤周作初期中篇

遠藤 周作

2023年、著者生誕100年の記念に際し、単行本未収録の幻の中篇二篇を収録。代表作の一つ『わたしが・棄てた・女』にも繋がる秘められた重要作。冴え渡るエンターテインメントの世界!

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.11.23発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03006-7

予価1,980円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
もう空気なんて読まない

日本文学

もう空気なんて読まない

石川 優実

フェミニズムに人生が救われた――。恋愛やセックス、仕事、人間関係。生活と地続きに考えるフェミニズムの形。石川優実はなぜ闘うのか。自らを見つめ直した渾身の書き下ろしエッセイ!

  • 単行本 / 224頁
  • 2021.11.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03012-8

予価1,650円(本体1,500円)

※未刊

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア4 モーツァルト

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア4 モーツァルト

高橋 英夫

ドイツ文学者、文芸評論家にしてすぐれた音楽評論家でもあった著者がもっとも愛したモーツァルトに関する文章を編纂。『疾走するモーツァルト』『母なもの』など。

  • 単行本 / 412頁
  • 2021.11.17発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-70914-7

予価5,060円(本体4,600円)

※未刊

詳細を見る
遠慮深いうたた寝

日本文学

遠慮深いうたた寝

小川 洋子

神戸新聞連載の「遠慮深いうたた寝」を中心に、約10年分の中から作家の素顔が垣間見られる、極上エッセイを厳選収録。他に「手芸と始球式」「物語の向こうがわ」「読書と本と」で構成。

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.11.10発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03003-6

予価1,705円(本体1,550円)

※未刊

詳細を見る
かぐや姫、物語を書きかえろ!(仮)

日本文学

かぐや姫、物語を書きかえろ!(仮)

雀野 日名子

『竹取物語』の世界に生きる内気な姫さよと勝気な姫ごう。自由を求め物語の神に反旗を翻した二人は、『源氏物語』『蟹工船』など物語の結末を書きかえてゆく!痛快名作エンタテインメント。

  • 単行本 / 240頁
  • 2021.11.04発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03007-4

予価1,672円(本体1,520円)

※未刊

詳細を見る
あなたに安全な人

日本文学

あなたに安全な人

木村 紅美

3・11前に教え子を死なせた元教師の女と、沖縄基地移設反対デモ参加者を殺したかもしれない元警備員の男が出会ったのは、「感染者第一号」を誰もが恐れる地。新時代のラブストーリー。

  • 単行本 / 144頁
  • 2021.10.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02997-9

予価1,837円(本体1,670円)

※未刊

詳細を見る
ミルクとコロナ

日本文学

ミルクとコロナ

白岩 玄山崎 ナオコーラ

『野ブタ。をプロデュース』の白岩玄と『人のセックスを笑うな』のナオコーラ。共に20代で作家になり、現在二児の親でもある二人が、手紙をやりとりするように綴る、子育て考察エッセイ!

  • 単行本 / 232頁
  • 2021.10.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03000-5

予価1,562円(本体1,420円)

※未刊

詳細を見る
二千億の果実

日本文学

二千億の果実

宮内 勝典

各紙誌で大絶賛の『永遠の道は曲りくねる』から4年……いま、二千億の魂が、地球誕生の歴史とともに甦る! 人類誕生から現在、そして未来の「生命」を照射する「宮内文学」飛躍の作品集。

  • 単行本 / 296頁
  • 2021.10.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02993-1

予価2,640円(本体2,400円)

※未刊

詳細を見る
弟切抄 ―鎌倉幕府草創記―

日本文学

弟切抄 ―鎌倉幕府草創記―

森山 光太郎

約700年わたる武士政権の礎を築いた源氏の血脈。だが平家を討ってなお、争いのない世を構築するためには、まだ流さねばならぬ血があった──大変革を支えた源範頼の人生を描く!!

  • 単行本 / 288頁
  • 2021.10.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02996-2

予価1,892円(本体1,720円)

※未刊

詳細を見る
秋のカテドラル

日本文学

秋のカテドラル
遠藤周作初期短篇集

遠藤 周作

1955年の芥川賞受賞直後の頃に発表された、単行本未収録の貴重な作品を収録。『海と毒薬』や『沈黙』につながる秘められた幻の短篇14作。瑞々しい筆致で描かれた、若き日の秀作!

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.10.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02998-6

予価1,980円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
人生でいちばん大切なことはグリム童話が教えてくれる

日本文学

人生でいちばん大切なことはグリム童話が教えてくれる

植西 聰

「かえるの王様」「ラプンツェル」「赤ずきん」…子どものころに一度は読んだことのある物語には、大人にこそ沁みる教訓が秘められていた!名作を読み直しながら、生きるヒントを得る本。

  • 単行本 / 224頁
  • 2021.10.20発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02999-3

予価1,562円(本体1,420円)

※未刊

詳細を見る
時守たちのラストダンス

日本文学

時守たちのラストダンス

東堂 いづみ 原案 三萩 せんや

高知から上京してきた高校1年の伊純は、同級生たちとダンスユニットを組むのだが、その裏で驚くべき計画が進行していた。異変が頻発する世界の救出に挑む、感動の青春ファンタジー!

  • 単行本 / 288頁
  • 2021.10.14発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02994-8

予価1,452円(本体1,320円)

※未刊

詳細を見る
七夕の夜におかえり

日本文学

七夕の夜におかえり

三萩 せんや

兄妹のように育った聡士が急死した。2年後、伊織のもとに彼のスマホが託されてから不思議なメールが届き始める。天才肌の彼が遺した研究が夏祭りの夜に奇跡を起こす感動の青春ファンタジー

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.10.14発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02995-5

予価1,452円(本体1,320円)

※未刊

詳細を見る
ジュリアン・バトラーの真実の生涯

日本文学

ジュリアン・バトラーの真実の生涯

川本 直

佐藤亜紀氏・高遠弘美氏・伏見憲明氏・富士川義之氏・柳下毅一郎氏、推薦。もうひとつの20世紀アメリカ文学史を描く壮大なデビュー長編小説!

  • 単行本 / 400頁
  • 2021.09.28発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02983-2

予価2,475円(本体2,250円)

※未刊

詳細を見る