検索結果

2820件中 120件を表示 | 表示件数   件

文豪と異才たち

日本文学

文豪と異才たち
井原西鶴から村上春樹まで小説ブームをおこした人々

久我 なつみ

邦光史郎、田中阿里子という作家を両親に持つ著者が強い思いを込めて語る日本文学史。戦前の文豪の活躍と、戦後の異才たちの多彩な作品により生み出された、百年の空前の隆盛期を活写する。

  • 単行本 / 240頁
  • 2021.01.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-92188-4

予価1,650円(本体1,500円)

※未刊

詳細を見る
熊楠

日本文学

熊楠
生命と霊性

安藤 礼二

粘菌と曼荼羅に生命と非生命の境界を超える根源的な場を追求した世界的な巨人・熊楠をもうひとりの巨人・大拙と対照させながら生命と霊性の核心へ挑む最も重要な批評家による力編。

  • 単行本 / 256頁
  • 2020.12.29発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02849-1

予価2,035円(本体1,850円)

※未刊

詳細を見る
自転車に乗って(仮)

日本文学

自転車に乗って(仮)
アウトドアと文藝

夏目 漱石萩原 朔太郎

自転車にまつわる文芸エッセイアンソロジー。走る楽しさ、風を切って見る風景、思い出の旅……。もっとも身近なのりものが、私たちの生活にもたらす喜び・愉しみを味わう。

  • 単行本 / 224頁
  • 2020.12.28発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02935-1

予価1,870円(本体1,700円)

※未刊

詳細を見る
MIU404シナリオブック

日本文学

MIU404シナリオブック

野木 亜紀子

TBS系で2020年6月より放送の金曜ドラマ「MIU404」シナリオ全11話完全収録。野木亜紀子×演出・塚原あゆ子×プロデューサー・新井順子の鼎談、音楽・得田真裕×野木対談も!

  • 単行本 / 448頁
  • 2020.12.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02933-7

予価1,980円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
NHKラジオ深夜便 文豪通信

日本文学

NHKラジオ深夜便 文豪通信

中川 越NHK『ラジオ深夜便』制作班

NHK『ラジオ深夜便』の人気コーナーを書籍化。名だたる文豪たちの近況報告、ラブレター、お祝い状、懇願状、絶縁状などを、その表現の見事さを味わいながら、わかりやすく解説していく。

  • 単行本 / 224頁
  • 2020.12.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02934-4

予価1,650円(本体1,500円)

※未刊

詳細を見る
VR的完全版 平凡パンチの三島由紀夫

日本文学

VR的完全版 平凡パンチの三島由紀夫

椎根 和

「平凡パンチ」で三島は若者のアイドルとなっていた。番記者として自決までの3年間を濃密に過ごし、文豪の素顔に迫った傑作ノンフィクション。貴重な写真を増補した決定版

  • 単行本 / 600頁
  • 2020.12.07発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-92219-5

予価3,300円(本体3,000円)

※未刊

詳細を見る
開高健は何をどう読み血肉としたか

日本文学

開高健は何をどう読み血肉としたか

菊池 治男

著者は『PLAYBOY』の編集担当として「オーパ!」の旅にも同行した。その後、開高健の本棚整理に当たる。そこから見えてきた、開高がどんな本をどう読んだか、具体的に細かく伝える。

  • 単行本 / 224頁
  • 2020.12.01発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02928-3

予価2,090円(本体1,900円)

※未刊

詳細を見る
私は夕暮れ時に死ぬと決めている

日本文学

私は夕暮れ時に死ぬと決めている

下重 暁子

コロナ禍の現在、生き方の転換が迫られる今、進むべき道を見失いがちな現代人に贈る「自分流の生き方」再発見の指南書。死を思うことは人生を見つめなおすこと。極上のエッセイ50篇!

  • 単行本 / 224頁
  • 2020.12.01発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02929-0

予価1,320円(本体1,200円)

※未刊

詳細を見る
モヤモヤしている女の子のための読書案内

日本文学

14歳の世渡り術

モヤモヤしている女の子のための読書案内

堀越 英美

自分自身、友達、親、学校のことなど、様々な人間関係の中でモヤモヤを抱えている10代以上の女の子に向けて、まわりの言うことにはとらわれず、日々をもっと気楽にすごせるようエールを送るブックガイド

  • 単行本 / 224頁
  • 2020.11.26発売
  • ISBN 978-4-309-61726-8

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
「死にたい」「消えたい」と思ったことがあるあなたへ

日本文学

14歳の世渡り術

「死にたい」「消えたい」と思ったことがあるあなたへ

河出書房新社

つらい、死にたい、もう消えてしまいたい……。そんな気持ちを持つあなたへ、作家、Youtuber、アーティスト、精神科医など、各界の25名が様々な言葉を届けます。

  • 単行本 / 224頁
  • 2020.11.26発売
  • ISBN 978-4-309-61727-5

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
世界は思考で変えられる

日本文学

世界は思考で変えられる
自閉症の僕が見つけた「いつもの景色」が輝く43の視点

東田 直樹

世界的ベストセラー『自閉症の僕が跳びはねる理由』の著者、書き下ろし。会話ができない自閉症作家による、視点を変えることで、悩みが悩みでなくなるための考え方。

  • 単行本 / 224頁
  • 2020.11.17発売
  • ISBN 978-4-309-02932-0

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
水と礫

日本文学

水と礫

藤原 無雨

東京でのドブ浚いの仕事中の事故をきっかけに故郷へと戻ったクザーノは、砂漠のむこうの幻の町へ旅立った――回帰する灼熱の旅が、一族の風景を映し出す。第57回文藝賞受賞の一大叙事詩。

  • 単行本 / 196頁
  • 2020.11.16発売
  • ISBN 978-4-309-02930-6

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
星に帰れよ

日本文学

星に帰れよ

新 胡桃

16歳の誕生日、深夜の公園で真柴翔は"モルヒネ"というあだ名のクラスの女子に会い――。高校生達の傲慢で高潔な言葉が彼らの生きる速度で飛び交い、突き刺さる。第57回文藝賞優秀作。

  • 単行本 / 128頁
  • 2020.11.16発売
  • ISBN 978-4-309-02931-3

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
サード・キッチン

日本文学

サード・キッチン

白尾 悠

都立高校を卒業しアメリカ留学した尚美は拙い英語のせいで孤独な日々。どん底に現れた美味しくてあたたかい食事と人種も性別もバラバラの学生たちが、彼女を変えていき……感動の青春成長譚!

  • 単行本 / 352頁
  • 2020.11.05発売
  • ISBN 978-4-309-02925-2

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
ふたりでちょうど200%

日本文学

ふたりでちょうど200%

町屋 良平

転生したらまた友達になった件。――バドミントンのダブルス、アイドルと推し、人気俳優とリアリティショーYouTuber……。男らしくなれない男子ふたりの友情は、死んでも終わらない!

  • 単行本 / 232頁
  • 2020.11.05発売
  • ISBN 978-4-309-02926-9

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
屋根の上のおばあちゃん

日本文学

屋根の上のおばあちゃん

藤田 芳康

戦前から戦後にかけて激動の時代を京都で生き抜いた祖母と、久しぶり京都を訪ねた孫。1本のフィルムをめぐり二つの時代が交錯する愛と感動の物語。第一回京都文学賞優秀賞受賞作。

  • 単行本 / 288頁
  • 2020.10.29発売
  • ISBN 978-4-309-02923-8

定価1,760円(本体1,600円)

△2週間~

詳細を見る
人間の道理

日本文学

人間の道理

曾野 綾子

コロナ禍の現在、人間は何を寄る辺に生きていくべきか。今こそ原点に立ち戻り、自分を信じて歩むことから再スタートを切りたい。コロナ後の生き方を模索する人々へ向けた力強きメッセージ!

  • 単行本 / 208頁
  • 2020.10.26発売
  • ISBN 978-4-309-02920-7

定価1,100円(本体1,000円)

○在庫あり

詳細を見る
浅草迄

日本文学

浅草迄

北野 武

舞台は戦後から高度成長期に湧く東京。たけし少年の初めての記憶から、学生運動の気運が高まる新宿のジャズ喫茶を彷徨っていた大学時代まで。北野武の原点を描く、渾身の私小説!

  • 単行本 / 160頁
  • 2020.10.26発売
  • ISBN 978-4-309-02921-4

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
作詩の技法

日本文学

作詩の技法

なかにし 礼

天才作詩家が初めて説き明かす、作詩術の奥義と秘儀! 数々の大ヒットを生み出した著者が、波乱万丈の人生を描きつつ、数多の流行歌を取り上げ、作詩の極めて実践的かつ至高の技を披露する!

  • 単行本 / 296頁
  • 2020.10.24発売
  • ISBN 978-4-309-02894-1

定価2,640円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
ババヤガの夜

日本文学

ババヤガの夜

王谷 晶

お嬢さん、十八かそこらで、なんでそんなに悲しく笑う――。暴力を唯一の趣味とする新道依子は、腕を買われ暴力団会長の一人娘を護衛することに。拳の咆哮轟くシスターハードボイルド!装画:寺田克也

  • 単行本 / 192頁
  • 2020.10.23発売
  • ISBN 978-4-309-02919-1

定価1,650円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る