検索結果

2947件中 120件を表示 | 表示件数   件

独白シネマ ―DUSTCELL小説集―

日本文学

独白シネマ ―DUSTCELL小説集―

中絲 悠

カリスマアーティストDUSTCELLの大ヒット曲から、MVを手がけた稀代の映像クリエーターが贈る感動の長編小説! 荒んだ生活を送る想に、七夕伝説の残る町で奇跡は起こるのか?

  • 単行本 / 320頁
  • 2022.08.29発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03057-9

予価1,375円(本体1,250円)

※未刊

詳細を見る
親愛なる向田邦子さま

日本文学

親愛なる向田邦子さま

森繁 久彌

向田邦子という人――。仕事でのやりとり、鮮やかな思い出、衝撃的な別れ、不思議な縁、交わした会話……。生前関わりのあった友人、仕事仲間など26人が綴る「向田邦子」。

  • 単行本 / 192頁
  • 2022.08.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03060-9

予価1,782円(本体1,620円)

※未刊

詳細を見る
笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 VOL.19(仮)

日本文学

笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 VOL.19(仮)

みやぎシルバーネット河出書房新社編集部

60~超100歳の全国のリアル・シルバーによる川柳傑作選、第19弾!全国のシルバーから投稿の爆笑と共感作が大集合。老若男女楽しく元気になれる1冊。

  • 単行本 / 144頁
  • 2022.08.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03062-3

予価1,150円(本体1,045円)

※未刊

詳細を見る
鏡音リン・レン14thアニバーサリーノベルズ

日本文学

鏡音リン・レン14thアニバーサリーノベルズ

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社pixiv(ピクシブ株式会社) 監修

「鏡音リン・レン」の生誕14周年を記念して行われた、「Happy 14th Birthday マンガ・小説コンテスト」の受賞作をまとめた珠玉のアンソロジーノベルズ!

  • 単行本 / 192頁
  • 2022.08.23発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03059-3

予価1,342円(本体1,220円)

※未刊

詳細を見る
山之口貘全小説 沖縄から

日本文学

山之口貘全小説 沖縄から

山之口 貘

放浪詩人の胸には、東京にあってもつねに沖縄があった。その小説すべてが自伝である「無銭宿」「野宿」「ダルマ船日記」「天国ビルの斎藤さん」など全24篇。沖縄返還50年を期して。

  • 単行本 / 320頁
  • 2022.08.23発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03061-6

予価3,190円(本体2,900円)

※未刊

詳細を見る
わがままな選択

日本文学

わがままな選択

横山 拓也

子供を持たないと決めた夫婦の元にあらわれた妊娠の兆候、そして謎の男性から告げられる入院中の母の望み……。演劇界の次世代を担う新星による初小説!

  • 単行本 / 224頁
  • 2022.08.09発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03058-6

予価1,672円(本体1,520円)

※未刊

詳細を見る
嫌いなら呼ぶなよ

日本文学

嫌いなら呼ぶなよ

綿矢 りさ

「一応、暴力だろ。石でも言葉でも嫌悪でも」。妻の親友の家に招かれた僕。だが突然僕の行動をめぐってミニ裁判が始まり……心に潜む “明るすぎる闇“に迫る綿矢りさ新境地! 全4作収録

  • 単行本 / 212頁
  • 2022.07.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03048-7

予価1,540円(本体1,400円)

※未刊

詳細を見る
死んでいる私と、私みたいな人たちの声

日本文学

死んでいる私と、私みたいな人たちの声

大前 粟生

「私、運命ぶっ壊すために幽霊になったんだ」恋人からのDVで命を落とした窓子と、幽霊が見える高校生の彩姫。暴力から逃れられない運命なんてあってたまるか。不世出の幽霊ヒーロー小説!

  • 単行本 / 176頁
  • 2022.07.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03055-5

予価1,650円(本体1,500円)

※未刊

詳細を見る
中村文則対談集(仮)

日本文学

中村文則対談集(仮)

中村 文則

祝!デビュー20周年。文学から映画・音楽、社会問題・テクノロジーまで、中村文則が贈る初対談集!

  • 単行本 / 400頁
  • 2022.07.26発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03054-8

予価2,475円(本体2,250円)

※未刊

詳細を見る
クロスの行方 ―DUSTCELL小説集―

日本文学

クロスの行方 ―DUSTCELL小説集―

中村 紬

カリスマアーティストDUSTCELLの大ヒット曲と響き合う感動の小説集! 鮮烈のデビュー曲から爆発的人気となったCM曲、新曲まで5話収録。奥深い世界観が明らかになる公式の物語。

  • 単行本 / 320頁
  • 2022.07.25発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03047-0

予価1,375円(本体1,250円)

※未刊

詳細を見る
ペーパー・リリイ

日本文学

ペーパー・リリイ

佐原 ひかり

野中杏、17歳、詐欺師のこども。38歳被害者キヨエと、幻の百合を探す旅に出る。『ブラザーズ・ブラジャー』の新鋭が贈る新世代ロードノベル! 愛、罪、恩から、私たちは自由になる。

  • 単行本 / 220頁
  • 2022.07.25発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03050-0

予価1,760円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
75歳、交通誘導員 まだまだ引退できません

日本文学

75歳、交通誘導員 まだまだ引退できません

柏 耕一

『交通誘導員ヨレヨレ日記』の第二弾!誘導員の知られざる苦労に加え、高齢労働者の覚悟と悲哀、前作の読者反響やコロナ渦を踏まえた著者の思い…を収録。人間臭いドラマに、再びしみじみ?

  • 単行本 / 192頁
  • 2022.07.25発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03053-1

予価1,485円(本体1,350円)

※未刊

詳細を見る
未完の美学

日本文学

未完の美学

曾野 綾子

人は皆、思いを残して死ぬ。それでいいいのだーー。人生はすべて未完であり、だからこそ奥が深い。前向きに潔く、自然体で生きれば人生は楽になる。豊かな生と老い、曾野流生き方の基本!

  • 単行本 / 224頁
  • 2022.07.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03046-3

予価1,122円(本体1,020円)

※未刊

詳細を見る
家業とちゃぶ台

日本文学

家業とちゃぶ台

向田 邦子

家族や家業など人間ドラマが真骨頂だった向田邦子。家業が舞台の懐かしの向田ドラマから珠玉の脚本3本と脚本やドラマにまつわるエッセイを収録。脚本とエッセイ、向田ドラマワールド。

  • 単行本 / 272頁
  • 2022.07.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03049-4

予価2,057円(本体1,870円)

※未刊

詳細を見る
まず牛を球とします。

日本文学

まず牛を球とします。

柞刈 湯葉

牛は食べたいが、動物は殺したくない。そんな人類の夢が実現した未来を描いた表題作ほか、大正電気女学生、石油玉、現代の箱男などが大活躍! 非人類にもおすすめの奇想天外な作品集。

  • 単行本 / 256頁
  • 2022.07.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03056-2

予価1,980円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
蝶と帝国

日本文学

蝶と帝国

南木 義隆

20世紀初頭、帝政末期のロシア。時代の悪意に翻弄された一人の女性の愛と復讐を、新鋭が描破する。「百合×歴史×SF」傑作長篇。

  • 単行本 / 304頁
  • 2022.07.20発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03051-7

予価1,980円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
あくてえ

日本文学

あくてえ

山下 紘加

あたしの本当の人生はこれから始まる。小説家志望のゆめは90歳の憎たらしいばばあと母親と3人暮らし。ままならなさを悪態に変え奮い立つ、19歳のヘヴィな日常。第167回芥川賞候補作

  • 単行本 / 180頁
  • 2022.07.18発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03063-0

予価1,650円(本体1,500円)

※未刊

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア8 読書随想

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア8 読書随想

高橋 英夫

著作集最終巻。稀代の本読みだった著者の、偏愛の読書エッセイ集。『忘却の女神』『今日も、本さがし』『わが読書散歩』『本の引越し』などから。帯推薦は堀江敏幸氏。年譜、著書目録も。

  • 単行本 / 432頁
  • 2022.07.12発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-70918-5

予価5,060円(本体4,600円)

※未刊

詳細を見る
わたしたち

日本文学

わたしたち

落合 恵子

希美学園で中・高を共に過ごした「わたしたち」。少女たちは友情を紡ぎながら、それぞれの「わたし」を生き抜いていく……四人の女たちの1945~ 2021年を描く、心揺さぶる感動作!

  • 単行本 / 256頁
  • 2022.06.28発売
  • ISBN 978-4-309-03044-9

定価1,870円(本体1,700円)

○在庫あり

詳細を見る
私と街たち(ほぼ自伝)

日本文学

私と街たち(ほぼ自伝)

吉本 ばなな

”街に自分だけの歴史が積み重なり、深い色になっていく”(本文より)。子どもの頃に遊んだ街、青春を過ごした街、父の死を見送った道――。東京の「街」をめぐる自伝的エッセイ集。

  • 単行本 / 152頁
  • 2022.06.16発売
  • ISBN 978-4-309-03043-2

定価1,650円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る