検索結果

2844件中 120件を表示 | 表示件数   件

ブラザーズ・ブラジャー

日本文学

ブラザーズ・ブラジャー

佐原 ひかり

義理の弟・晴彦がブラジャーを着けているところに遭遇した、高校生のちぐさ。「おしゃれでやってるんだよ!」と言う晴彦に、ちぐさは……? 氷室冴子青春文学賞第2回大賞、新時代の青春小説!

  • 単行本 / 224頁
  • 2021.06.28発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02964-1

予価1,650円(本体1,500円)

※未刊

詳細を見る
文豪と異才たち

日本文学

文豪と異才たち
井原西鶴から村上春樹まで小説ブームをおこした人々

久我 なつみ

邦光史郎、田中阿里子という作家を両親に持つ著者が強い思いを込めて語る日本文学史。戦前の文豪の活躍と、戦後の異才たちの多彩な作品により生み出された、百年の空前の隆盛期を活写する。

  • 単行本 / 240頁
  • 2021.06.28発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-92188-4

予価1,650円(本体1,500円)

※未刊

詳細を見る
パンデミック小説集(仮)

日本文学

パンデミック小説集(仮)

金原 ひとみ真藤 順丈東山 彰良尾崎 世界観瀬戸 夏子

中学生玲奈に訪れた濃厚接触の知らせ/反ユートピアの物語を紡ぐ男/死者が支配する世界で猫を探すぼく/街を映すだけのライブカメラの世界……。作家たちが紡ぐコロナ下の想像力。

  • 単行本 / 224頁
  • 2021.06.17発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02965-8

予価1,837円(本体1,670円)

※未刊

詳細を見る
学校では教えてくれない ゆかいな漢字の話

日本文学

14歳の世渡り術

学校では教えてくれない ゆかいな漢字の話

今野 真二

ひらがな・カタカナができても漢字は使い続けられた。今も使っている。日本語の歴史と深く結びついている漢字のことを楽しくゆかいに知っていこう。笑って読めて、ためになる漢字教室、開講。

  • 単行本 / 224頁
  • 2021.05.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-61731-2

予価1,562円(本体1,420円)

※未刊

詳細を見る
感染症文学論序説

日本文学

感染症文学論序説
文豪たちはいかに書いたか

石井 正己

コレラ、結核、スペイン風邪……近代日本はたびたび感染症に見舞われてきた。文学はそれをどう描いていたか。紅葉、子規、鴎外、志賀、芥川……重要な歴史的証言として文学作品を読み直す。

  • 単行本 / 224頁
  • 2021.05.20発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02958-0

予価1,892円(本体1,720円)

※未刊

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア1 批評の精神

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア1 批評の精神

高橋 英夫

稀代の文芸評論家、ドイツ文学者の初めての著作集全8巻の最初の1巻。デビュー作の『批評の精神』以下、批評の最高峰、林達夫、小林秀雄、河上徹太郎、吉田健一論。

  • 単行本 / 432頁
  • 2021.05.18発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-70911-6

予価5,060円(本体4,600円)

※未刊

詳細を見る
エラー

日本文学

エラー

山下 紘加

私は、私の底を知りたい。常人離れした容量の胃袋を持ち、大食い大会番組を四連覇中の一果(いちか)。若く可愛く食べる姿が美しいクイーンとして人気を誇るが、思わぬ相手に敗北し――。

  • 単行本 / 160頁
  • 2021.05.14発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02963-4

予価1,672円(本体1,520円)

※未刊

詳細を見る
キャンプ日和

日本文学

キャンプ日和
アウトドアと文藝

小島 烏水田部 重治河東 碧梧桐

キャンプには、いろいろな形態、愉しみ方がある。野宿や露営、オートキャンプ、ソロキャンプ……。登山黎明期の天幕生活や、最近のおしゃれなアウトドアライフまでのアンソロジー。

  • 単行本 / 224頁
  • 2021.04.26発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02956-6

予価1,892円(本体1,720円)

※未刊

詳細を見る
1976に東京で

日本文学

1976に東京で

田澤 拓也

1976年……すべてが終わり、そして始まってもいなかった昭和の真っ只中で、「僕」は流されていた。時代へのルサンチマンを抱きながら「いま」を生きる青年の苦悩と旅立ちを描く傑作。

  • 単行本 / 208頁
  • 2021.04.26発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02957-3

予価1,980円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
東京ディストピア日記

日本文学

東京ディストピア日記

桜庭 一樹

作家・桜庭一樹が記録するコロナ禍の東京・2020年1月~2021年1月。分断が進むこの世界で、私は、あなたは、どこにいて何を思考する、誰なんだろう――?

  • 単行本 / 288頁
  • 2021.04.26発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02961-0

予価1,892円(本体1,720円)

※未刊

詳細を見る
一度きりの大泉の話

日本文学

一度きりの大泉の話

萩尾 望都

「大泉に住んでいた時代のことは封印していました。しかし今回は、当時の大泉のことを初めてお話しようと思います」(前書きより)。全352頁、12万字書き下ろし。未発表スケッチ収録。

  • 単行本 / 352頁
  • 2021.04.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02962-7

予価1,980円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
超シルバー川柳 人生の花束編

日本文学

90歳以上のご長寿傑作選
超シルバー川柳 人生の花束編

みやぎシルバーネット河出書房新社編集部

爆笑&熟練! 90歳~100歳代の人生の達人シルバーの作品だけを集めた川柳傑作選、好評第3弾! 90歳以上の常連投稿シニアの川柳ライフの密着ルポや、読者の川柳への熱い思いも紹介。

  • 単行本 / 144頁
  • 2021.04.16発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02959-7

予価1,100円(本体1,000円)

※未刊

詳細を見る
ショートショートでひらめく文章教室

日本文学

14歳の世渡り術

ショートショートでひらめく文章教室

田丸 雅智

文章を書く、物語を作るって、こんなにも楽しい! 理系出身で現代きってのショートショートの旗手が教える論理力も身に付く発想法&書き方のメソッド。新作ショートショートも多数掲載。

  • 単行本 / 208頁
  • 2021.04.14発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-61730-5

予価1,562円(本体1,420円)

※未刊

詳細を見る
家族って

日本文学

家族って

しまおまほ

家族ってなんだろう ――母になったいま、かつて大人に問いかけた疑問の答えを――探してみることにした。移りゆく暮らしのなかで家族の機微を見つめた、おかしくせつない珠玉のエッセイ集。

  • 単行本 / 220頁
  • 2021.03.29発売
  • ISBN 978-4-309-02950-4

定価1,892円(本体1,720円)

○在庫あり

詳細を見る
「女」のはなし

日本文学

「女」のはなし

久世 光彦

幼年時代から鬼籍に入るまで久世光彦に関わった「女」たちを想うエッセイ24篇。女に焦がれ、女に惚れ、女に溺れ、女に躓き、それでも女を憧憬する永遠の少年久世光彦による女性賛歌。

  • 単行本 / 240頁
  • 2021.03.26発売
  • ISBN 978-4-309-02951-1

定価1,892円(本体1,720円)

○在庫あり

詳細を見る
笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 明日があるさ編

日本文学

笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 明日があるさ編

みやぎシルバーネット河出書房新社編集部

大好評シリーズ第15弾。60~100歳超えの全国のリアル・シルバーがよんだ爆笑&しみじみ川柳傑作選。お楽しみ人気コーナー「90歳以上の川柳の部屋」も。毒蝮三太夫氏スイセン!

  • 単行本 / 144頁
  • 2021.03.24発売
  • ISBN 978-4-309-02955-9

定価1,100円(本体1,000円)

○在庫あり

詳細を見る
スマホに届いた怖い話

児童書

5分シリーズ+

スマホに届いた怖い話

藤白 圭

累計27万部を記録した「意味怖」に続く新シリーズ! 穏やかな日常を切り裂いて、突如スマホに舞い込む恐怖を、チャット形式の独特のタッチでまとめたホラー短編の傑作誕生!

  • 単行本 / 240頁
  • 2021.03.22発売
  • ISBN 978-4-309-02952-8

定価1,089円(本体990円)

○在庫あり

詳細を見る
スガリさんの感想文は絶え間ない嵐の中

日本文学

5分シリーズ+

スガリさんの感想文は絶え間ない嵐の中
『幽霊塔』編

平田 駒

スガリさんが立ち上げた読書感想文部を不可解な事件が襲う。『鼻』『幽麗塔』の感想文をヒントに真相に迫るのだが……。大人気・感想文ミステリーの新章スタート!

  • 単行本 / 208頁
  • 2021.03.22発売
  • ISBN 978-4-309-02953-5

定価1,342円(本体1,220円)

○在庫あり

詳細を見る
覚醒するシスターフッド

日本文学

覚醒するシスターフッド

サラ・カリー柚木 麻子ヘレン・オイェイェミ藤野 可織文珍大前 粟生こだまキム・ソンジュン桐野 夏生マーガレット・アトウッド

発売即増刷となった「文藝」2020年秋季号の特集掲載の小説を単行本化。大前粟生、サラ・カリー(岸本佐知子 訳)の短編を書き下ろしで新収録。

  • 単行本 / 324頁
  • 2021.02.26発売
  • ISBN 978-4-309-02943-6

定価2,420円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
されく魂

日本文学

されく魂
わが石牟礼道子抄

池澤 夏樹

共にされく(漂浪く)魂をもつ作家が、石牟礼のはみ出し溢れ出し、時に飛び去る類い稀な言葉の数々を追って奇跡の作品群に迫る。敬愛してやまない作家に真摯に対峙した渾身の論考集大成。

  • 単行本 / 196頁
  • 2021.02.22発売
  • ISBN 978-4-309-02945-0

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る