検索結果

2860件中 120件を表示 | 表示件数   件

名画小説(仮)

日本文学

名画小説(仮)

深水 黎一郎

13の名画に隠された、驚きの謎、恐怖――秘密が明かされた時、あなたは戦慄する。『最後のトリック』の深水黎一郎が芸術への深い造詣とミステリーを融合させた傑作短編集。

  • 単行本 / 160頁
  • 2021.08.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02977-1

予価1,925円(本体1,750円)

※未刊

詳細を見る
シルバー川柳入門 新装版

日本文学

シルバー川柳入門 新装版
いちばんやさしい! 楽しい!

水野 タケシ

超初心者OK! 難しいこと抜き!これから川柳を始めたいシルバーに最適な入門書。日々の思いを川柳に落とし込む発想法や言葉選びのコツを親しみやすい実例豊富に解説した新装版。

  • 単行本 / 144頁
  • 2021.08.23発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02979-5

予価1,430円(本体1,300円)

※未刊

詳細を見る
笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 太陽の季節編

日本文学

笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 太陽の季節編

みやぎシルバーネット河出書房新社編集部

シリーズ累計40万部突破!おなじみシリーズ第16弾。60~100歳超えの全国のリアル・シルバーがよんだ川柳傑作選。「90歳以上の川柳の部屋」特集も充実!毒蝮三太夫氏オススメ!

  • 単行本 / 144頁
  • 2021.08.23発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02980-1

予価1,150円(本体1,045円)

※未刊

詳細を見る
メロンと寸劇

日本文学

メロンと寸劇
食いしん坊エッセイ傑作選

向田 邦子

誰もが懐かしくもホロリとする、向田邦子の食エッセイ。食べものと、それにまつわる人間を見事に描いた珠玉作品を厳選収録。「寺内貫太郎一家 2」から単行本未収録脚本も一本併録。

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.08.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02978-8

予価1,870円(本体1,700円)

※未刊

詳細を見る
見た目が気になる

日本文学

14歳の世渡り術

見た目が気になる
「からだ」の悩みを解きほぐす26のヒント

河出書房新社

どうして人は見た目が気になるんだろう、どう付き合っていくのがいいんだろう。社会の価値観にとらわれずに「自分らしさ」を見出すために26人が考える「見た目」との向き合い方。

  • 単行本 / 224頁
  • 2021.08.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-61733-6

予価1,562円(本体1,420円)

※未刊

詳細を見る
今日でなくてもいい

日本文学

佐野洋子エッセイコレクション
今日でなくてもいい
生きる老いる

佐野 洋子

生きる意味を考え、死ぬさまを見続けた佐野洋子。珠玉のエッセイのなかから、死・生・老いをテーマに書かれた作品を再編集。今なお私たちに問いかける力強いエッセイを厳選収録する。

  • 単行本 / 240頁
  • 2021.08.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02981-8

予価1,870円(本体1,700円)

※未刊

詳細を見る
皆川博子随筆精華Ⅱ 書物の森への招待

日本文学

皆川博子随筆精華Ⅱ 書物の森への招待

皆川 博子 著 日下 三蔵

随筆精華第二弾は、単行本や文庫の解説・書評・推薦文など70篇を集成。ミステリから時代小説、幻想小説、美術書まで、小説の女王が読み解いた書物を一望できる、至高のブックガイド。

  • 単行本 / 320頁
  • 2021.07.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02974-0

予価3,080円(本体2,800円)

※未刊

詳細を見る
文豪と異才たち

日本文学

文豪と異才たち
井原西鶴から村上春樹まで小説ブームをおこした人々

久我 なつみ

邦光史郎、田中阿里子という作家を両親に持つ著者が強い思いを込めて語る日本文学史。戦前の文豪の活躍と、戦後の異才たちの多彩な作品により生み出された、百年の空前の隆盛期を活写する。

  • 単行本 / 240頁
  • 2021.07.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-92188-4

予価1,650円(本体1,500円)

※未刊

詳細を見る
スガリさんの感想文は絶え間ない嵐の中 『銀河鉄道の夜』編

日本文学

5分シリーズ+

スガリさんの感想文は絶え間ない嵐の中 『銀河鉄道の夜』編

平田 駒

名古屋が爆破される!? 奇抜な感想文をヒントに事件を解決するシリーズ最新刊は、爆破予告を阻止するため名古屋の街を奔走する初の長編ミステリー。宮沢賢治の名作をヒントに解決に挑む!

  • 単行本 / 228頁
  • 2021.07.26発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02972-6

予価1,342円(本体1,220円)

※未刊

詳細を見る
誰にも奪われたくない/凸撃

日本文学

誰にも奪われたくない/凸撃

児玉 雨子

どうして私たちは、ひとりきりで存在できないの。業界関係者の新年会で知り合った作曲家のレイカとアイドルの真子。二人は倦んだ日々からこぼれる本当の言葉を分け合う。気鋭の作詞家初小説。

  • 単行本 / 160頁
  • 2021.07.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02976-4

予価1,694円(本体1,540円)

※未刊

詳細を見る
大豆田とわ子と三人の元夫 2

日本文学

大豆田とわ子と三人の元夫 2

坂元 裕二

カンテレ・フジテレビ系の火曜よる9時連続ドラマの公式シナリオブック。

  • 単行本 / 256頁
  • 2021.07.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02971-9

予価1,672円(本体1,520円)

※未刊

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア2 神話と文学

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア2 神話と文学

高橋 英夫

独文学者・文芸批評家として、ケレーニイの神話研究の手法を援用した著者の関連文集。「見つつ畏れよ」「役割としての神」「ミュトスとビオス」「物語のイデア」ほか、柳田、折口について。

  • 単行本 / 496頁
  • 2021.07.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-70912-3

予価5,060円(本体4,600円)

※未刊

詳細を見る
老いの道楽

日本文学

老いの道楽

曾野 綾子

コロナ禍の今、老いへの普遍的な悩みが一挙に噴き出した。老いの時間を道楽と捉え、いかに自分らしく生きるか。不安の時代を生きる人々に、老いの豊かさと醍醐味を伝える感動のメッセージ!

  • 単行本 / 224頁
  • 2021.07.14発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02973-3

予価1,122円(本体1,020円)

※未刊

詳細を見る
ブラザーズ・ブラジャー

日本文学

ブラザーズ・ブラジャー

佐原 ひかり

義理の弟・晴彦がブラジャーを着けているところに遭遇した、高校生のちぐさ。「おしゃれでやってるんだよ!」と言う晴彦に、ちぐさは……?

  • 単行本 / 204頁
  • 2021.06.28発売
  • ISBN 978-4-309-02964-1

定価1,672円(本体1,520円)

○在庫あり

詳細を見る
ロングシーズン 増補版

日本文学

ロングシーズン 増補版
佐藤伸治詩集

佐藤 伸治

死後もなお世界中に新しいファンが増え続けている孤高のバンド、フィッシュマンズ・佐藤伸治の歌詞集。ファンクラブ会報に掲載された11篇の詩を新たに収録。

  • 単行本 / 208頁
  • 2021.06.28発売
  • ISBN 978-4-309-02970-2

定価2,365円(本体2,150円)

○在庫あり

詳細を見る
世阿弥最後の花

日本文学

世阿弥最後の花

藤沢 周

世阿弥は、なぜ72歳で遠く佐渡へと流され、彼の地で何を見つけたのか? 室町の都を幽玄の美で瞠目させた天才が最晩年に到達した至高の舞と、そこに秘められた謎に迫る著者最高傑作!

  • 単行本 / 360頁
  • 2021.06.21発売
  • ISBN 978-4-309-02968-9

定価2,200円(本体2,000円)

△2週間~

詳細を見る
緊急事態下の物語

日本文学

緊急事態下の物語

金原 ひとみ真藤 順丈東山 彰良尾崎 世界観瀬戸 夏子

濃厚接触、反ユートピア、ゾンビと猫、ライブカメラ、臆病なテロリスト…。2020→20XX、コロナ禍を生きるための、最前線の作家たちが贈る、もうひとつのパンデミック。

  • 単行本 / 232頁
  • 2021.06.17発売
  • ISBN 978-4-309-02965-8

定価1,815円(本体1,650円)

△2週間~

詳細を見る
大豆田とわ子と三人の元夫 1

日本文学

大豆田とわ子と三人の元夫 1

坂元 裕二

カンテレ・フジテレビ系の火曜よる9時連続ドラマの公式シナリオブック。第1話~第5話までを収録。

  • 単行本 / 264頁
  • 2021.06.09発売
  • ISBN 978-4-309-02969-6

定価1,672円(本体1,520円)

△重版中

詳細を見る
学校では教えてくれない ゆかいな漢字の話

日本文学

14歳の世渡り術

学校では教えてくれない ゆかいな漢字の話

今野 真二

ひらがな・カタカナができても漢字は使い続けられた。今も使っている。日本語の歴史と深く結びついている漢字のことを楽しくゆかいに知っていこう。笑って読めて、ためになる漢字教室、開講。

  • 単行本 / 216頁
  • 2021.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-61731-2

定価1,562円(本体1,420円)

○在庫あり

詳細を見る
エラー

日本文学

エラー

山下 紘加

私は、私の底を知りたい。常人離れした容量の胃袋を持ち、大食い大会番組を四連覇中の一果(いちか)。若く可愛く食べる姿が美しいクイーンとして人気を誇るが、思わぬ相手に敗北し――。

  • 単行本 / 160頁
  • 2021.05.26発売
  • ISBN 978-4-309-02963-4

定価1,672円(本体1,520円)

△2週間~

詳細を見る