検索結果

415件中 120件を表示 | 表示件数   件

いつかあなたに出会ってほしい本 2

日本文学

14歳の世渡り術

いつかあなたに出会ってほしい本 2

田村 文

共同通信社・文芸記者の連載「本の世界へようこそ」を書籍化。読み継がれる名作小説から異世界へ誘う傑作、世界の極上な物語、詩歌まで。読み始めたら止まらない160冊を紹介!

  • 単行本 / 288頁
  • 2024.04.30発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-61761-9

予価1,540円(本体1,400円)

※未刊

詳細を見る
夏目漱石解体全書 増補版

日本文学

夏目漱石解体全書 増補版

香日 ゆら

生涯や作品から、友人や門下、全国の記念館、初版本の装幀、オススメ文献まで。イラスト満載で漱石を楽しく知ることができる決定版ガイド。漱石の旅や銅像・文学碑情報を増補。

  • 単行本 / 144頁
  • 2024.04.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03163-7

予価1,650円(本体1,500円)

※未刊

詳細を見る
はじめての橋本治論

日本文学

はじめての橋本治論

千木良 悠子

小説、古典新訳、評論など、ジャンルを横断して活躍した知の巨人・橋本治。桃尻娘、言文一致体、歴史、美術、浄瑠璃など、日本と日本人と日本語を問いつづけた作家・思想家の初の本格評論。

  • 単行本 / 352頁
  • 2024.03.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-03179-8

予価3,630円(本体3,300円)

※未刊

詳細を見る
書く人はここで躓く!

日本文学

書く人はここで躓く!
作家が明かす小説の「作り方」

宮原 昭夫

小説は「書き方」ではなく「作り方」が重要だ! 「ファーストシーンは後に書け」「描写と情報の違い」「題名の付け方」など、芥川賞作家・村田沙耶香さんも推薦の実践的小説教室。新装版。

  • 単行本 / 208頁
  • 2024.02.27発売
  • ISBN 978-4-309-03176-7

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
左川ちか

日本文学

左川ちか
モダニズム詩の明星

川村 湊島田 龍 責任編集

いま熱い注目を浴びる夭折の天才詩人・左川ちか。その出自や時代を検証しつつ、鮮烈な魅力の起源と未来をさぐる待望の一冊。対談=井坂洋子+松浦寿輝、寄稿=堀江敏幸、柴田元幸、他

  • 単行本 / 200頁
  • 2023.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-03143-9

定価2,200円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
ぼっち現代文

日本文学

14歳の世渡り術

ぼっち現代文
わかり合えない私たちのための〈読解力〉入門

小池 陽慈

読解力のある人は「他人の気持ち」がわかるの?…自身も人間関係に悩む経験をもつ気鋭の現代文講師が詩、批評、童話、小説等10作品の読み解き方と「人とわかり合う」ことについて考える。

  • 単行本 / 220頁
  • 2023.10.24発売
  • ISBN 978-4-309-61758-9

定価1,562円(本体1,420円)

○在庫あり

詳細を見る
氷室冴子とその時代 増補版

日本文学

氷室冴子とその時代 増補版

嵯峨 景子

80~90年代、少女小説を中心に活躍し、再評価の機運も高まる作家・氷室冴子。少女小説研究の第一人者が丹念な調査と取材から、その全貌に迫る。作家や編集者に追加取材を行い増補刊行!

  • 単行本 / 400頁
  • 2023.06.27発売
  • ISBN 978-4-309-03114-9

定価2,640円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
いつか君に出会ってほしい本

日本文学

14歳の世渡り術

いつか君に出会ってほしい本
何度でも読み返したい158冊

田村 文

共同通信社の記者による連載「本の世界へようこそ」を書籍化。「面白い本を読みたいけど何を読めば良いかわからない」「読書って退屈そう」そう思っているあなたに出会ってほしい158冊!

  • 単行本 / 272頁
  • 2023.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-61749-7

定価1,562円(本体1,420円)

○在庫あり

詳細を見る
夏目漱石『こころ』をどう読むか 増補版

日本文学

夏目漱石『こころ』をどう読むか 増補版

石原 千秋 責任編集

永遠の問題作は今いかに読まれうるのか。エッセイ、対談、必読研究論考など、これまでの『こころ』論をベストセレクション。新規鼎談/エッセイ、近年の重要論考を追加した増補版。

  • 単行本 / 264頁
  • 2022.12.23発売
  • ISBN 978-4-309-03086-9

定価2,090円(本体1,900円)

○在庫あり

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア8 読書随想

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア8 読書随想

高橋 英夫

著作集最終巻。稀代の本読みだった著者の、偏愛の読書エッセイ集。『忘却の女神』『今日も、本さがし』『わが読書散歩』『本の引越し』などから。帯推薦は堀江敏幸氏。年譜、著書目録も。

  • 単行本 / 432頁
  • 2022.07.12発売
  • ISBN 978-4-309-70918-5

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア7 藝文遊記

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア7 藝文遊記

高橋 英夫

著者晩年の文学言語の新展開、『藝文遊記』(抄)、『時空蒼茫』(全。歴程賞)。後者は、幼少期からの時空の(文学的・音楽的…)記憶を掘り起こす独自な自己への旅の記録。

  • 単行本 / 454頁
  • 2022.05.16発売
  • ISBN 978-4-309-70917-8

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア6 ブルーノ・タウト

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア6 ブルーノ・タウト

高橋 英夫

日本にも滞在し、相互に影響を与えあった表現主義建築の大家タウトの文化観と、ゲーテ、ヘルダーリン、シュティフターらドイツ文学の巨峰の魅力とその受容への欲求、憧れ、悦び、安らぎ。

  • 単行本 / 420頁
  • 2022.03.15発売
  • ISBN 978-4-309-70916-1

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア5 西行と芭蕉

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア5 西行と芭蕉

高橋 英夫

日本古典の短詩型の双璧、西行と芭蕉。芭蕉は西行の影をしたい、ともに旅の人でもあった。『ミクロコスモス:松尾芭蕉に向って』『西行』の全編と『芭蕉遠近』抄録。いずれも著者の代表作。

  • 単行本 / 506頁
  • 2022.01.18発売
  • ISBN 978-4-309-70915-4

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア4 モーツァルト

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア4 モーツァルト

高橋 英夫

ドイツ文学者、文芸評論家にしてすぐれた音楽評論家でもあった著者がもっとも愛したモーツァルトに関する文章を編纂。『疾走するモーツァルト』『母なもの』など。

  • 単行本 / 414頁
  • 2021.11.17発売
  • ISBN 978-4-309-70914-7

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
文豪と異才たち

日本文学

文豪と異才たち
井原西鶴から村上春樹まで小説ブームをおこした人々

久我 なつみ

邦光史郎、田中阿里子という作家を両親に持つ著者が強い思いを込めて語る日本文学史。戦前の文豪の活躍と、戦後の異才たちの多彩な作品により生み出された、百年の空前の隆盛期を活写する。

  • 単行本 / 240頁
  • 2021.09.20発売
  • ISBN 978-4-309-92188-4

定価1,650円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア3 偉大なる暗闇

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア3 偉大なる暗闇

高橋 英夫

漱石『三四郎』のモデル岩元禎と弟子たち、漱石と子規、芥川一派、白樺派の仲間たち、わが青春のドイツ文学。著者の文学的スタート地点、若き日の読書体験と、友情の文学誌。

  • 単行本 / 474頁
  • 2021.09.17発売
  • ISBN 978-4-309-70913-0

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア2 神話と文学

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア2 神話と文学

高橋 英夫

独文学者・文芸批評家として、ケレーニイの神話研究の手法を援用した著者の関連文集。「見つつ畏れよ」「役割としての神」「ミュトスとビオス」「物語のイデア」、ほか柳田、折口について。

  • 単行本 / 498頁
  • 2021.07.19発売
  • ISBN 978-4-309-70912-3

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
感染症文学論序説

日本文学

感染症文学論序説
文豪たちはいかに書いたか

石井 正己

コレラ、結核、スペイン風邪……近代日本はたびたび感染症に見舞われてきた。文学はそれをどう描いていたか。紅葉、子規、鴎外、志賀、芥川……重要な歴史的証言として文学作品を読み直す。

  • 単行本 / 196頁
  • 2021.05.20発売
  • ISBN 978-4-309-02958-0

定価1,892円(本体1,720円)

○在庫あり

詳細を見る
高橋英夫著作集 テオリア1 批評の精神

日本文学

高橋英夫著作集

高橋英夫著作集 テオリア1 批評の精神

高橋 英夫

稀代の文芸評論家、ドイツ文学者の初めての著作集全8巻の最初の1巻。デビュー作の『批評の精神』のほか、林達夫、小林秀雄、河上徹太郎、吉田健一論を収録。

  • 単行本 / 496頁
  • 2021.05.18発売
  • ISBN 978-4-309-70911-6

定価5,060円(本体4,600円)

○在庫あり

詳細を見る
ショートショートでひらめく文章教室

日本文学

14歳の世渡り術

ショートショートでひらめく文章教室

田丸 雅智

文章を書く、物語を作るって、こんなにも楽しい! 理系出身で現代きってのショートショートの旗手が教える論理力も身に付く発想法&書き方のメソッド。新作ショートショートも多数掲載。

  • 単行本 / 208頁
  • 2021.04.14発売
  • ISBN 978-4-309-61730-5

定価1,562円(本体1,420円)

○在庫あり

詳細を見る