ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 世界の歴史

単行本

アフガニスタンシ

アフガニスタン史

前田 耕作

山根 聡

単行本 46 ● 264ページ
ISBN:978-4-309-22835-8 ● Cコード:0022
発売日:2021.10.06

定価2,585円(本体2,350円)

○在庫あり

  • 2021年8月、タリバン政権が樹立したアフガニスタン。古代から現代まで、文化・民族・政治史を詳しく分かりやすくまとめた名著を新装版で復刊。現在の複雑な背景を知るには必携の一冊。

    タリバン新政権樹立! この国はどこへ行くのか?
    2021年8月、アメリカ軍の撤退とともにアフガニスタン政権は崩壊し、
    イスラーム過激派のタリバン新政権が樹立した。
    情勢は20年前に逆戻りしたかに見える。
    かつてタリバンは残虐さで知られたがこれからどう推移するのか、
    国際社会は固唾を飲んで見守っている。

    あとがき追補(前田耕作)

    和平会議も宙に浮いたまま、米軍の撤退が始まり、いまアフガニスタンは混乱の渦中にある。わが国のこの国における平和構築への寄与は何であったのか。経済の立て直しも中村哲の遺訓《たゆまぬ自助》の努力がなければ汚職と腐敗に果てるほかはない。2002年に戦火が収まったとき、廃墟と化したカブール博物館の入口に《もしまだ文化が生き残っていれば、国もまた生き残れよう》と書かれた幕が張られていた。この文化の意味は深く鮮烈である。  2021年9月 

  • 【目次】

    プロローグ アフガニスタンとはどんな国か
    第1部 古代〜近代
     1 アフガニスタン前史
     2 アフガニスタンの始まり
     3 アフガニスタン統一国家への道
     4 近代化への歩み
     5 模索の時代
    第2部 現代
     はじめに 対立20年
     6 冷戦下の親ソ連政権(1979-91)
     7 タリバンの誕生(1994-95)
     8 反タリバンの動き(1996-97) 
     9 タリバンの孤立化(1997-2001)
     10 同時多発テロとアメリカの空爆(2001)
    年表

著者

前田 耕作 (マエダ コウサク)

1933年生まれ。名古屋大学文学部卒。和光大学名誉教授、東京藝術大学客員教授。アジア文化史を専攻。著書に『巨像の風景』、『玄奘三蔵、シルクロードを行く』、『アフガニスタンの仏教遺跡バーミヤン』など。

山根 聡 (ヤマネ ソウ)

1964年生まれ。大阪大学大学院言語文化研究科教授。パキスタン・パンジャーブ大学大学院修了。ウルドゥー文学、南アジア・イスラーム論を専攻。著書に『現代パキスタン分析』、『越境者たちのユーラシア』ほか。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳