ジャンル: 
  1. 児童書
  1. 自然科学・医学 > 
  2. 自然科学

シリーズ: 
  1. こども大図鑑

最新データでわかった恐竜のすべて!
リアルCGで再現

全集・シリーズ

コドモダイズカンキョウリュウ

こども大図鑑 恐竜

ダグラス・パーマー

単行本 B4変形 ● 128ページ
ISBN:978-4-309-61555-4 ● Cコード:8645
発売日:2013.10.29

定価2,090円(本体1,900円)

○在庫あり

  • こんな恐竜見たことない! たくさんの恐竜が、皮膚や羽毛の色まで最先端のCG画像で再現されて、かつての地球の光景が目の前に広がる! 大人気ヴィジュアル図鑑シリーズの最新刊!

    ◆初回特典! ◆
    25cmの大迫力! トリケラトプスのペーパークラフト付がついてくる!!


    【特色】
    ★最先端の研究にもとづく豊富な再現CG
    どのように食べものを見つけ、こどもを育てたのか?
    恐竜たちの世界が生き生きとよみがえります。

    ★どうやって恐竜の世界を知るのかを説明!
    化石などの手がかりをもとに、科学者たちがどのように
    恐竜の世界を探るのかがわかります。

    ★おどろくべき進化の過程が明らかに!
    恐竜はどのように進化し、なぜ絶滅したのか。
    現在まで生きのびた鳥類も含めて、その進化の過程を説明します。



    日本語版刊行によせて——国立科学博物館名誉館員 小畠郁生
     私たちは博物館や図鑑で大昔の恐竜を見るとき、胸がわくわくします。
    実際に生きているすがたを誰も見たことがないので、想像するだけで、胸がときめくのです。でもイメージの手がかりはあります。第一には骨の化石。骨を順々に組み立てていけば、恐竜のかっこうがわかるはずです。骨の数が少ないと、骨のつながりや恐竜の大きさはわかりにくいものです。
     皮膚の色や生活のようすは、化石が発見された場所が第二の手がかりとなります。きめの細かい火山灰で息をつまらせて死んだ恐竜たちの化石には、長い羽毛の跡がそのまま残されていました。砂漠にすんでいた恐竜は、乾いた場所にしか生えない植物の化石といっしょに発見されます。水分がにげにくいように皮膚がぶ厚くなっていたのです。
     第三の手がかりは、今いる動物です。ダチョウにからだつきがとても良くにた恐竜がいました。何かに驚くと、ダチョウのように走ったのでしょう。最近は日本からも恐竜の骨や足跡の発見が続いています。日本では研究が始まったばかりなので、みんな恐竜の世界に迷いこみ、なぞ解きに参加してみませんか。学問的に認められている恐竜の種類は400種類ぐらいしかありませんが、専門家の推定では、少なくとも6000種ぐらいはいたはずです。発掘や研究があるたびに、新しく面白い解釈に接する喜びに出会うことができるのです。

  • 1.恐竜の世界
    恐竜はどんな生きもの?/変化する世界/地質年代区分/恐竜より前にいた生きもの/三畳紀の世界/ジュラ紀の世界/白亜紀の世界/恐竜の進化/エオラプトル/いろいろな恐竜/そのほかの爬虫類/モササウルス/化石ができるまで/化石の種類/化石に残る手がかり/化石を発掘する/かけらをつなぎあわせる

    2.恐竜のからだ
    骨格/エラスモサウルス/やわらかい組織/巨大な恐竜/バロサウルス/小さな恐竜/羽毛/始祖鳥/恐竜の体内/脳/トロオドン/走る、歩く/泳ぐ/イクチオサウルス/飛ぶ/プテロダクティルス/子孫を残す/体温を調節する/ステゴサウルス

    3.感覚と行動
    恐竜の感覚/情報の伝達、おどし、求愛/トリケラトプス/植物食恐竜/エドモントサウルス/肉食恐竜/歯とくちばし/ケツァルコアトルス/攻撃のための武器/ティラノサウルス・レックス/身を守るための武器/アンキロサウルス/群れをつくる/集団で狩りをする

    4.恐竜時代のおわり
    恐竜の絶滅/生きのこり/鳥類の進化/初期の哺乳類/生きた化石/

    用語集/索引/図版出典

著者

ダグラス・パーマー (パーマー,ダグラス)

イギリス・ケンブリッジを拠点とするサイエンスライター、地球科学の講師。イギリスDK社の『サイエンス 大図鑑』『生物の進化 大図鑑』(いずれも小社)など、20冊を超える本に寄稿・執筆している。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳