検索結果

ジョゼ・サラマーゴ (サラマーゴ,ジョゼ)

1922年ポルトガル生まれ。82年『修道院回想録』、84年『リカルド・レイスの死の年』で数々の文学賞を受賞。95年の本書は世界各国で翻訳され、映画化。98年ノーベル文学賞受賞。2010年没。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

だれも死なない日

外国文学

だれも死なない日

ジョゼ・サラマーゴ 著 雨沢 泰

ある年の元旦、突然人が死ななくなる。瀕死の皇太后、危篤の患者、交通事故者……やがて人々は、不死の不自由に戸惑いはじめ、死神が現れる。『白の闇』のノーベル賞作家が遺した傑作長篇。

  • 単行本 / 264頁
  • 2021.09.25発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-20838-1

予価3,190円(本体2,900円)

※未刊

詳細を見る
白の闇

文庫・新書

白の闇

ジョゼ・サラマーゴ 著 雨沢 泰

突然の失明が巻き起こす未曾有の事態。「ミルク色の海」が感染し、善意と悪意の狭間で人間の価値が試される。ノーベル賞作家が「真に恐ろしい暴力的な状況」に挑み、世界を震撼させた傑作。

  • 河出文庫 / 424頁
  • 2020.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-46711-5

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る