検索結果

辻 仁成 (ツジ ヒトナリ)

89年、「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞し作家デビュー。97年「海峡の光」で芥川賞、99年『白仏』仏語版でフェミナ賞外国小説賞受賞。近著『なぜ、生きているのかと考えてみるのが今かもしれない』。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

真夜中の子供

文庫・新書

真夜中の子供

辻 仁成

日本屈指の歓楽街・博多中洲。その街で真夜中を生きる無戸籍の少年がいた――凶行の夜を越え、彼が掴みとった自らの居場所とは? 家族の繋がりを超えた人間の強さと温かさを描く感動作。

  • 河出文庫 / 328頁
  • 2021.03.08発売
  • ISBN 978-4-309-41800-1

定価891円(本体810円)

△2週間~

詳細を見る
真夜中の子供

日本文学

真夜中の子供

辻 仁成

少年は愛を知らず、その街は彼を愛した――喧噪と神事・山笠の熱気が街を包む。少年は自分だけの王国をつくることを選んだ。日本屈指の歓楽街博多中洲を舞台に、家族を超えた絆を描く感動作。

  • 単行本 / 256頁
  • 2018.06.13発売
  • ISBN 978-4-309-02680-0

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
その後のふたり

日本文学

その後のふたり

辻 仁成

映画「その後のふたり」(辻仁成監督)と同じ骨格を持ちながら、映画で描かれた世界の裏側に潜んでいたもう一つの真実を文学化。ジャンルを超越する表現者、辻仁成の新たな試み。

  • 単行本 / 164頁
  • 2013.01.22発売
  • ISBN 978-4-309-90973-8

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
ZOO~愛をください~

趣味・実用・芸術

ZOO~愛をください~

辻 仁成

動物たちを見ていると誰かさんに似ている。ZOOの少しおかしくて、ちょっとせつない歌詞と愉快な動物たちの真相を組み合わせたピクチャー・ブック。プレゼントにもどうぞ。

  • 単行本 / 64頁
  • 2002.12.12発売
  • ISBN 978-4-309-26615-2

定価1,045円(本体950円)

×品切・重版未定

詳細を見る