検索結果

原 武史 (ハラ タケシ)

1962年生まれ。放送大学教授。専門は日本政治思想史。著書に『地形の思想史』『「線」の思考』『平成の終焉』『<女帝>の日本史』『昭和天皇』『滝山コミューン一九七四』『「民都」大阪対「帝都」東京』他。

5件中 15件を表示 | 表示件数   件

一日一考 日本の政治

文庫・新書

河出新書

一日一考 日本の政治

原 武史

一日一つ、全366人の文章を選び、その言葉が日本の政治にとってどんな意味を持つか、いまの体制とどう繋がっているかを考える。政治家や研究者のみならず、作家、市井の言葉まで。

  • 新書 / 408頁
  • 2021.06.29発売
  • ISBN 978-4-309-63133-2

定価1,089円(本体990円)

○在庫あり

詳細を見る
歴史と現在

政治・経済・社会

歴史と現在
明治学院大学国際学部付属研究所公開セミナー4

原 武史

現在を見通すため、日本の歴史を多角度から振り返る公開対談の記録。藤森照信、立花隆、梯久美子、渡辺裕、八代亜紀、宮部みゆき、佐藤卓己、山内昌之、中沢新一、平野勝之、高橋源一郎ほか。

  • 単行本 / 240頁
  • 2012.05.17発売
  • ISBN 978-4-309-24592-8

定価2,200円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る
「知」の十字路

政治・経済・社会

「知」の十字路
明治学院大学国際学部付属研究所公開セミナー3

原 武史

原武史が主催する公開対談の記録。学問の枠を超え最先端の知が交錯する。佐野眞一、佐藤優、辻井喬、東浩紀、赤坂真理、奥泉光、大澤真幸、井上章一、小熊英二、中川家礼二、高橋源一郎ほか。

  • 単行本 / 298頁
  • 2011.05.19発売
  • ISBN 978-4-309-24550-8

定価2,420円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
「知」の現場から

政治・経済・社会

「知」の現場から
明治学院大学国際学部付属研究所公開セミナー2

原 武史

最先端で活躍する論者たちの知が融合する……高橋源一郎、内田樹、島薗進、川上弘美、青山七恵、酒井順子、御厨貴、斎藤環、福岡伸一、姜尚中、坪内祐三。好評を博した連続対談の記録。

  • 単行本 / 320頁
  • 2010.05.21発売
  • ISBN 978-4-309-24518-8

定価1,980円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
「政治思想」の現在

政治・経済・社会

「政治思想」の現在
明治学院大学国際学部付属研究所公開セミナー

原 武史

貧困、労働、天皇、右翼/左翼、ナショナリズム……現代に生きる「普通人」の視点から、誰にでもわかる言葉で「政治思想」を語る――活況を呈した連続公開セミナーの記録。

  • 単行本 / 258頁
  • 2009.06.22発売
  • ISBN 978-4-309-24481-5

定価1,760円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る