検索結果

連城 三紀彦 (レンジョウ ミキヒコ)

1948年、愛知県生まれ。小説家。1977年「変調二人羽織」で第3回幻影城新人賞を受賞しデビュー。84年『恋文』で直木賞受賞。2009年、胃がんのため逝去。著書に『戻り川心中』『宵待草夜情』など多数。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

私という名の変奏曲

文庫・新書

私という名の変奏曲

連城 三紀彦

モデルのレイ子は、殺されるため、自らを憎む7人の男女を一人ずつ自室に招待する。やがて死体が見つかり、7人全員がそれぞれに「自分が犯人だ」と思いこむ奇妙な事態の果てに、驚愕の真相が明かされる。

  • 河出文庫 / 320頁
  • 2021.08.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41830-8

予価946円(本体860円)

※未刊

詳細を見る
絶望書店

日本文学

絶望書店
夢をあきらめた9人が出会った物語

頭木 弘樹 編 山田 太一藤子・F・不二雄連城 三紀彦ナサニエル・ホーソンダーチャ・マライーニ

夢をあきらめるのはよくないこと? かつて思うように生きられなかった書店主が、古今東西「夢のあきらめ方」にまつわる物語を集めました。叶わぬ夢の痛みに贈る、絶望に効くアンソロジー。

  • 単行本 / 240頁
  • 2019.01.24発売
  • ISBN 978-4-309-02766-1

定価1,650円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る