ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

ショキカヨウロン

初期歌謡論

吉本 隆明

単行本 46 ● 500ページ
ISBN:978-4-309-00152-4 ● Cコード:0095
発売日:1977.06.27

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

  • 〈あはれ〉〈かなしみ〉に象徴される“日本的感性”はいかに定着したか。古代歌謡から万葉集を経て古今・新古今に至る和歌意識の成立過程を画期的な構想で捉える大著。

著者

吉本 隆明 (ヨシモト タカアキ)

1924年、東京生まれ。詩人、思想家、批評家。おもな著作に『言語にとって美とはなにか』『共同幻想論』『最後の親鸞』『ひきこもれ――ひとりの時間をもつということ』など。2012年没。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳