ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

イヌハイツモアシモトニイテ

犬はいつも足元にいて

大森兄弟

受賞
第46回文藝賞 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 152ページ
ISBN:978-4-309-01946-8 ● Cコード:0093
発売日:2009.11.10

定価1,296円(本体1,200円)

×品切・重版未定

  • 中学生の僕と犬が、茂みの奥で見つけた、得体の知れない“肉”の正体とは? 日本文学史上初!の兄弟ユニット作家による完全共作。話題の第46回文藝賞受賞作/第142回芥川賞候補作。

    選考委員絶賛!

    「文学は個人の自我の発露である」という旧来の文学観は音を立てて崩れ去る。
    ぜひ読んで驚いていただきたい。――斎藤美奈子氏

    生きとし生けるものは匂いならぬ臭いを発し、
    腐りもする存在なのだ、
    との輪廻的達観を抱いた秀作。――田中康夫氏

    二人の作者が個々の深層意識に潜入しながら、
    公園の「肉」という真の主人公を探り当てている。――藤沢周氏

    この作者は相手がちゃんと見えている。
    それは、世界と人間に対する肯定の基盤であり、
    だから主人公も登場人物もうとましいのに、
    好きになってしまう。この距離感は絶妙で、
    作者独自のものだ。――保坂和志氏

著者

大森兄弟 (オオモリキョウダイ)

兄は1975年、弟は1976年、ともに愛知県生まれ。2009年『犬はいつも足元にいて』で文藝賞を受賞し、兄弟ユニット作家としてデビュー。他の著書に『まことの人々』『わたしは妊婦』がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳