ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

『アラビアの夜の種族』『ベルカ、吠えないのか?』『聖家族』を超える
圧倒的スケール。構想執筆十年、デビュー十五周年記念作品。

単行本

ナムロックンロールニジュウイチブキョウ

南無ロックンロール二十一部経

古川 日出男

受賞
朝日

単行本 46 ● 576ページ
ISBN:978-4-309-02187-4 ● Cコード:0093
発売日:2013.05.15

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

買物かごへ入れる

  • あのカルト教団事件と3.11後の世界との断絶。失われたものは何か? 浄土はあるか? 稀代の物語作家が破格のスケールで現代に問う、狂気の聖典。構想執筆10年。デビュー15周年記念作品。

    著者刊行の辞

     真の意味での“震災”と“人災”の起きた1995年は、戦後最大のカタストロフィが日本を襲った年だったと思う。直視するには想像力が必要だった。しかし、たとえばオウム真理教側が持っていた「物語」と、事件を報道するメディア側の持つ「物語」は違いすぎた。亀裂を埋める想像力はほとんど見当たらなかった。2011年、カタストロフィは一気に規模をアップデートした。この時、僕は「物語に何ができるのか」の問いに対しては沈黙した。なぜならば、それは物語の形で差し出す以外にない答えだから。
     その物語が、これだ。

著者

古川 日出男 (フルカワ ヒデオ)

66年福島県生まれ。98年『13』でデビュー。02年『アラビアの夜の種族』で日本推理作家協会賞、日本SF大賞をダブル受賞。06年『LOVE』で三島由紀夫賞受賞。他著書に『ベルカ、吠えないのか?』『聖家族』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳