ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

ロシア未来派の代表的詩人マヤコフスキー。
彼の最期に何があったのか?

単行本

マヤコフスキージケン

マヤコフスキー事件

小笠原 豊樹

受賞
第65回読売文学賞(評論・評伝賞) / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46変形 ● 328ページ
ISBN:978-4-309-02235-2 ● Cコード:0098
発売日:2013.11.19

定価3,024円(本体2,800円)

×品切・重版未定

  • 革命の動乱期に激しく生き、自ら命を絶ったとされているロシア未来派の代表的詩人マヤコフスキー。巨匠の最期に何があったのか。すべて暴き真実に迫る渾身の作品。生誕120周年記念出版。

    もちろん、筆者はスコリャーチンを翻訳していたから、マヤコフスキーの死が単なる自殺などではないこと、それが「強いられた死」であることを、肝に銘じていた。しかし、ジグソーパズルを始めたとき、結果としてどのような光景が現れるのかは、全くわからなかった。事件のあと、七、八十年のあいだに散らばったピースを、どんなに丹念に拾い集めたところで、こちらに都合のいい光景が現れるとは限らない。そのことは覚悟していたのだが、パズル遊びを続けていると、あれよあれよと叫びたくなるほど、くっきりと、詩人の最期が見えてきたのだ——あとがきより

著者

小笠原 豊樹 (オガサワラ トヨキ)

1932年生まれ。翻訳家。訳書に『マヤコフスキー詩集』『火星年代記』『ナボコフのロシア文学講義』ほか多数。岩田宏の名で詩集『いやな唄』『頭脳の戦争』ほか多数の著書がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳