ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

カノン

カノン

中原 清一郎

単行本 46変形 ● 376ページ
ISBN:978-4-309-02266-6 ● Cコード:0093
発売日:2014.03.10

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

買物かごへ入れる

  • 記憶を失っていく難病の32歳・女性。末期ガンを宣告された58歳・男性。男と女はそれぞれの目的を果たすため、互いの肉体に“入れ替わる”ことを決意するが!? 各紙誌絶賛の圧倒的傑作。

    ----------------
    中原清一郎(外岡秀俊)さん特別寄稿
    ----------------
     三年前、長年勤めた会社を早期退職し、郷里の札幌に帰った。ホームに入った父は
    認知が進んでほとんど会話できず、時々視線が合うと、微笑むことがあった。
     毎夕、料理をつくって実家に持参し、母と晩酌をする。父の生前、よく母がこう
    いった。「意識がしっかりして体が不自由なのと、頭は朦朧としていても体が自由な
    のと、どちらが幸せなのかしら?」。それは、母にも自分にも、いずれ突きつけられ
    る晩年の不可避の選択だ。
     医療の発達で、人の平均寿命は驚くほど延びた。もちろん幸せなことだが、思いが
    けない出来事が随伴する。以前であれば露呈しなかった認知症が、ほぼすべての人の
    最期に訪れる。脳の衰えとどう向き合い、尊厳ある最期をどうまっとうすればいいの
    か。そう自分に問いかけたとき、物語の種子が蒔かれた。一方には意識がいまだしっ
    かりしていながら末期の肉体をもった人がおり、他方には健全な肉体をもちながら記
    憶を失いつつある人がいる。その二人が契約を交わして、脳の一部を交換したら?
     もちろん突拍子もない空想だ。でもそこで起きることは、科学技術の発展によって
    間延びした人生のリアルな描写になる可能性がある。そうやって物語を書き始め、突
    き動かされるようにして書き終えた。雑誌に掲載された作品を読んだ何人かが、「一
    日で読み終えた」「続きが気になり、風呂に入りながら読んだので雑誌がぼろぼろに
    なった」といってくださった。作者にとって、これ以上の褒め言葉はない、と思った。

著者

中原 清一郎 (ナカハラ セイイチロウ)

1953年生まれ。76年東大在学中に外岡秀俊名義で書いた『北帰行』で、文藝賞受賞。衝撃のデビュー後、朝日新聞に入社し小説活動を休止。現在、ジャーナリストとしても活躍。著書に『3・11 複合被災』等多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳