ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

ツヤツヤゴハン

つやつや、ごはん

おいしい文藝

安野 モヨコ

伊藤 比呂美

酒井 順子

池澤 夏樹

鴨居 羊子

穂村 弘

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 208ページ
ISBN:978-4-309-02325-0 ● Cコード:0095
発売日:2014.09.24

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

  • 新米の季節到来! 「ごはん」のおいしさを存分に伝えるエッセイ39篇を厳選収録。日本人の原点ともいえる「米論」からおいしい「ごはん」など、てんこ盛りの「ごはん」。食べ過ぎ注意のアンソロジー。

  • 出久根達郎  新米は手づかみで
    東海林さだお 丼一杯おかず無し!!
    東直子    「超おいしかった」体験
    酒井順子   最後のごはん
    嵐山光三郎  ごはんの力
    勝見洋一   ほんとうの米
    ねじめ正一  米——もちもちで夢ごこち
    色川武大   駄食い三昧
    石牟礼道子  お米
    今東光    米
    北大路魯山人 お米の話
    幸田文    ごはん
    群ようこ   御飯無情
    内田百閒   米論
    平松洋子   米にも鮮度がある
    堀井和子   昔のお釜、台所へ
    安野モヨコ  炊飯器
    畑正憲    米の味
    獅子文六   米の味
    赤瀬川原平  ごはん
    窪島誠一郎  麦メシ
    黒田征太郎  食いものをつくる 毎回ちがうのがうまいねん
    岡本喜八   男ひとりのヤカンメシ
    山本一力   長方形の洋皿
    池波正太郎  チキンライス
    池澤夏樹   新ライス料理
    立松和平   醬油飯
    山下清    藤代から土浦まで
    枝元なほみ  裸足の田んぼ
    増田れい子  まぜごはん
    田中小実昌  粥をさがして
    島田雅彦   お粥の探求
    三浦哲郎   湯漬け
    鴨居羊子   南仏のバカンスの味のするリゾット
    遠藤周作   ごはんの話
    伊藤比呂美  ちがう、これじゃない
    米原万里   『おむすびコロリン』の災難
    辻村深月   祖母の味噌むすび
    穂村弘    4月1日 おにぎり

著者

安野 モヨコ (アンノ モヨコ)

1971年東京生まれ。漫画家、エッセイスト。『シュガシュガルーン』で講談社漫画賞児童部門受賞。著書に『ハッピー・マニア』『さくらん』『働きマン』『オチビサン』『美人画報』『監督不行届』ほか。

伊藤 比呂美 (イトウ ヒロミ)

1955年東京生まれ。詩人。『ラニーニャ』で野間文芸新人賞。『とげぬき新巣鴨地蔵縁起』で萩原朔太郎賞・紫式部文学賞受賞。著書に『良いおっぱい悪いおっぱい』『伊藤ふきげん製作所』『閉経記』ほか。

酒井 順子 (サカイ ジュンコ)

1966年東京生まれ。エッセイスト。高校在学中にコラムを執筆。立教大学卒業後、広告代理店勤務を経て執筆業に専念。『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞を受賞。著書に『子の無い人生』など。

池澤 夏樹 (イケザワ ナツキ)

1945年生まれ。作家・詩人。88年『スティル・ライフ』で芥川賞、93年『マシアス・ギリの失脚』で谷崎潤一郎賞、2010年「池澤夏樹=個人編集 世界文学全集」で毎日出版文化賞、11年朝日賞、ほか多数受賞。他の著書に『カデナ』『砂浜に坐り込んだ船』『キトラ・ボックス』など。

鴨居 羊子 (カモイ ヨウコ)

穂村 弘 (ホムラ ヒロシ)

1962年、札幌市生まれ。歌人。『短歌の友人』で第19回伊藤整文学賞、『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞を受賞。歌集に『シンジケート』他。エッセイ集に『世界音痴』『現実入門』他。絵本翻訳も多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳