ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

41歳で自ら生を断ち、『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』映画化などとともに20年をへて復活した作家の真実——

単行本

サトウヤスシソコニカレハイタ

佐藤泰志 そこに彼はいた

福間 健二

受賞
日経

単行本 46変形 ● 456ページ
ISBN:978-4-309-02345-8 ● Cコード:0095
発売日:2014.12.01

定価3,132円(本体2,900円)

○在庫あり

  • 「そこのみにて光輝く」の著者・佐藤泰志の親友だった詩人が、その生涯を辿りつつ、未刊行草稿まで含めた全作品を解読する。佐藤泰志の生と言葉を未来へ刻印する奇蹟の評伝、畢生の力篇。

著者

福間 健二 (フクマ ケンジ)

詩人・映画監督。1949年生まれ。詩集「青い家」で朔太郎賞、歴程賞受賞。映画「あるいは佐々木ゆき」など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳